« 美術館に乾杯! ワシントンナショナルギャラリー その十一 | トップページ | 心に沁みる仏教美術! »

2017.10.18

龍光院の国宝‘曜変天目茶碗’と対面!

Img_0002     国宝‘曜変天目茶碗’(南宋時代・12~13世紀 京都・龍光院)

Img_0001      斑文のまわりに現れる瑠璃色の虹彩

Img_0003     国宝‘大日如来坐像’(平安時代・12世紀 大阪・金剛寺)

Img     行快の国宝‘不動明王坐像’(鎌倉時代・1234年 金剛寺)

Img_0004     国宝‘釈迦如来立像’(北宋時代・985年 京都・清凉寺)

昨日、朝早い新幹線に乗り現在京博で開かれている‘国宝展’(11/26まで)をみてきた。9時半の開館のタイミングで京博に着いたが、すでに大勢の人が並んでおり展示室に入るのに40分かかった。これは想定外、平日でこの人気なら土日はこれの2倍くらいの列になっているのだろう。東京は‘運慶展’で賑わっているが、京都は今‘国宝展’が熱い!

待ち規制がなくなるとすぐ向かったのは1階の‘磁器’のコーナー、この日から龍光院が所蔵する‘曜変天目茶碗’が飾られているのである。展示はⅡ期(10/17~10/29)のみ。展覧会にでてくるのは1999年以来だから18年ぶり。一番奥の部屋にありました!ありました!もう天にも昇るような気持。時間をかけてじっくりみた。

この曜変の特徴は静嘉堂文庫と藤田美のものが斑文が2,3個くっついたり、天の川のように長くつながったりして大きな光量を生み出しているのとは違い、見込みの底から点々が円を幾重にもつくっている感じ。虹彩は底のところが一番輝いているが、光の広がりが弱いため夜空の星のようにひとつ々が美しく光っているようにみえる。均質的でリズミカルに光を放つ曜変天目だった。ミューズに感謝!

この茶碗をみるために京都までやって来たので、ほかの国宝はオマケのようなもの。同じ1階にサプライズの彫刻があった。それは今春でかけた海北友松展のときもみた大阪・金剛寺の‘大日如来坐像’と‘不動明王坐像’、またまた圧倒されたのはその大きさ、これは今年国宝に指定されたもの。そのため前は残念なことに絵はがきがなかったが、これからは図録でこの圧倒的な力強さを思い出せる。

もうひとつ、これがあの仏像か、というのがあった。いつもは大覚寺の近くの清凉寺に飾ってある‘釈迦如来立像’。中国でつくられたものなので、ほかの仏像とはイメージがだいぶ異なる。国宝仏像の追っかけリストの上位に入れていたものと遭遇できたのは大きな収穫。龍光院の曜変天目のお陰で忘れていた夢が叶った。

|

« 美術館に乾杯! ワシントンナショナルギャラリー その十一 | トップページ | 心に沁みる仏教美術! »

コメント

いづつや様
はじめまして、時々貴ブログを拝見しております。
曜変天目については。昨年末の鑑定団騒動もあり関心があったので、小生も17日の初日に京博に駆け付けました。節約のため夜行バスを利用したので8時15分ごろ雨の中、列に並びました。4,50番目といったところでしょうか。雨のせいか京博の職員の配慮で30分ぐらい並んだところで室内に誘導され、助かりました。小生も1階の曜変天目を目指して脇目もふらずに駆け付けたので、先客は3,4名、じっくり見ることができました。確かに素晴らしいものではありますが、小生の好みとして、やはり静嘉堂、藤田の方が上ではないでしょうか。物置の宣伝ではありませんが、やっぱり稲葉が一番?なお以前の貴ブログで龍光院の出展は99年の宋磁展以来ではないか、とのことでありましたが、2000年の東博の国宝展にでており、小生もも見た記憶があります。(図録及び展示スケジュールで確認しました)
その後小生も北斎展にまわりましたが、小布施に行く必要ががあるのではないかとおもいました。。来週長谷川久蔵の桜図を見に行き、名古屋の長沢芦雪展に回るつもりです。
とりとめのない内容で失礼しました。

投稿: カズヒサ | 2017.10.24 21:17

to カズヒサさん
17日の朝8時にもう並んでおられましたか、
開館時点であれほど混んでいるとは想定外
でした。スゴイ人気でしたね。

国宝展のあと北斎展もめざされたのなら、
日本美術に対する好みが同じかもしれませんね。
名古屋の芦雪もみられますか。今、東京、名古屋、
京都、そして大阪で日本美術の共演の真っ最中
、熱くなります。

龍光院の曜変天目は2000年の国宝展に出品
されましたか。そのころ東京にいなかったので
情報にノータッチでした。待望の曜変だったの
ですが、ときどきキラッとひかる夜空の星の
イメージでした。派手さはないが、なかなか美しい
曜変天目という感じです。

光量でいうとやはり稲葉天目が一番ですね、そして、
天の川のような藤田。そうしたちがいはありますが、
長く待った龍光院のものがみれて幸せです。
なにか大仕事をしたような気分です。

投稿: いづつや | 2017.10.25 01:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 龍光院の国宝‘曜変天目茶碗’と対面!:

« 美術館に乾杯! ワシントンナショナルギャラリー その十一 | トップページ | 心に沁みる仏教美術! »