« 岡田美の日本画コレクション! | トップページ | 美術館に乾杯! シカゴ美 その六 »

2017.09.17

美人画競演 歌麿 VS 松園!

Img_0002         喜多川歌麿の‘芸妓図’(1802年)

Img_0001       喜多川歌麿の‘三美人図’(1789~1801年) 

Img       上村松園の‘汐くみ’(1941年)

岡田美で今、歌麿の大作‘雪月花’(ただし、‘品川の月’は複製画)を展示しているのは2階、この部屋を出た後、4階へ移動するとこの特別展に関連した‘人物表現のひろがりー土偶・埴輪から近現代の美人画までー’というテーマ展示を楽しめる。

腹が減っていたのでこれはパスして美術館を後にしたが、手に入れた作品リストには前回出会った歌麿と上村松園(1875~1949)の美人画が載っていた。ともに2点ずつ。この美術館が歌麿の肉筆画を何点もってるか正確には知らないが、大作の‘深川の雪’に加え長いことフランスにあった‘芸妓図’と1910年ロンドンで開催された日英博覧会に出品され評判になった‘三美人図’も並ぶとなると日本で一番の歌麿コレクションといっても過言でない。

熱海のMOA美には尾形光琳の国宝‘紅白梅図’があり、箱根の岡田美にはいずれ国宝になると思われる歌麿の‘深川の雪’がおさまっている。パリのルーヴルやNYのメトロポリタンをみれば明らかなようにいい絵を揃えた美術館は観光の大きな目玉になる。そう離れてないこの二つの美術館は今やそんな存在、これからますます来館者を増やすにちがいない。

先月、ホテルオークラで行われた恒例のチャリティ展で松園のとてもいい‘うつろう春’(霊友会妙一コレクション)に遭遇した。そのため、リストにあった‘汐くみ’と‘夕涼’を敏感に思い浮かべた。とくにぐっとくるのが‘汐くみ’、これほどの傑作なのこれまで上村松園展でお目にかかったことがない。例えば、2010年東近美であった超一級の回顧展に‘汐くみ’のタイトルがついた作品は2点でたが、完成度では岡田美のほうが上だった。

コレクターというのは誰も咎められないわがままなところがあって‘うつろう春’と同じようにいい絵ほど展覧会に出したがらない。是非、箱根へお越しくださいと岡田美は言いたいのだろう。

|

« 岡田美の日本画コレクション! | トップページ | 美術館に乾杯! シカゴ美 その六 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美人画競演 歌麿 VS 松園!:

« 岡田美の日本画コレクション! | トップページ | 美術館に乾杯! シカゴ美 その六 »