« 美術館に乾杯! オットー・ワグナーの近代建築 | トップページ | 美術館に乾杯! NY ノイエギャラリー その一 »

2017.07.14

里帰りする英一蝶の巨大涅槃図!

Img     英一蝶の‘涅槃図’(1713年 ボストン美)

来週の20日から上野の東京都美で‘ボストン美の至宝展’がはじまる。今年後半に開かれる企画展のなかでは最も期待している注目の展覧会。そのため、ずいぶん前からまわりの美術好きにはPRしまくっている。

見逃してはダメだよ、ととくに強調しているのはプレビューでもふれたゴッホの‘郵便配達夫ルーラン’、この肖像画をみたらゴッホの偉大さが腹の底からわかる。それほどの名画なのでボストン美は過去この絵だけは貸し出してくれなかった。

ボストンにはこの絵と同様別格扱いの作品がもう一点ある。それはサージェントの‘エドワード・ダーリー・ボイトの娘たち’、これまで何度も紹介したのでこの絵のすばらしさは十分伝わっていると思うが、何年待ってもやってこない。

展示の依頼をしているのに壁が高いのか、それとも日本におけるサージェントの知名度が低いためオファーしていないのか、そこはわからないが、日本の美術館で飾られる可能性についてはとても悲観的というのが率直なところ。サージェントファンとしては‘ルーラン’の壁が破れたのだから、次は‘娘たち’という流れになってほしいのだが、はたして。

今回のボストン美展、ゴッホのことばかり書いているが、じつは大きな期待を寄せている日本画がある。絵の存在はかなり前から知っていた英一蝶の巨大涅槃図、海を渡ってアメリカ東海岸のブランド美におさまって以来長い々時間が流れたが、はじめて日本に里帰りする。どんな涅槃図だろうか、ワクワクしている。

|

« 美術館に乾杯! オットー・ワグナーの近代建築 | トップページ | 美術館に乾杯! NY ノイエギャラリー その一 »

コメント

いづつやさん、こんばんは。
ご無沙汰しております。
上野東京ラインです。

20日からの東京都美術館「ボストン美術館の至宝展」は楽しみですね。

ところで、記事に触れられている作品について、コメントさせていただきます。
まず、ゴッホの「郵便配達夫ルーラン」は、名古屋ボストン美術館での2005年3月の「ボストン美術館の巨匠たち」展に展示されておりました。愛・地球博の記念で多数の名品が来日して私は見た記憶があるのですが、ルノワールの「ブージヴァルのダンス」にばかり注目していたので、今回の都美では、ゴッホの「ルーラン」に注目したいと思います。
それから、サージェントの「エドワード・ダーリー・ボイトの娘たち」は、2007年の3月から同じく名古屋ボストン美術館の「子どもの世界」展に出展されていました。
こちらは見ていないのですが、サージェントの傑作として名高い作品ですよね。私もこれからの来日を切望しています。

投稿: 上野東京ライン | 2017.07.15 00:57

to 上野東京ラインさん
誤った情報を指摘していただきありが
とうございます。
名古屋ボストンに‘ルーラン’も‘娘たち’もやって
来てましたか!Noタッチでした。

2年くらい名古屋にいましたからボストン美にも
数回出かけました。2004年広島から横浜に帰っ
てきてからは1度訪れたことがあります。

05年とか07年のころはまだ美術館のHPを定点
観測してませんでしたから、情報が完全に抜けてま
した。

‘ルーラン’は12年ぶりの来日ですが、東京では
たぶんはじめてと思いますから話題になるでしょ
うね。これに‘娘たち’が続いてくれると理想的です。
実現してもらいたいですね。

投稿: いづつや | 2017.07.15 10:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/65535218

この記事へのトラックバック一覧です: 里帰りする英一蝶の巨大涅槃図!:

« 美術館に乾杯! オットー・ワグナーの近代建築 | トップページ | 美術館に乾杯! NY ノイエギャラリー その一 »