« 美術館に乾杯! フリック・コレクション その五 | トップページ | 豪華なラインナップを揃えた‘ボストン美の至宝展’! »

2017.07.24

美術館に乾杯! フリック・コレクション その六

Img_0002     ゴヤの‘鍛冶屋’(1815~20年)

Img_0003     コンスタブルの‘白馬’(1819年)

Img_0001     ターナーの‘ケルン 郵便船の到着、夕刻’(1826年)

Img     ドガの‘リハーサル’(1879年)

ルーヴル、オルセー、ロンドンナショナルギャラリー、プラドといったヨーロッパにあるブランド美には古典絵画から印象派まで名画がずらっと並んでいる。そのため、ついほかの美術館へ足を運ばなくても美の感動は十分に得られたと思ってしまうことがある。

だが、世界は広い。とくにアメリカの美術館をみないとその感動はコンプリートにならない画家も存在する。思い浮かぶのは3人、エル・グレコ(1541~1614)とゴヤ(1746~1828)とロートレック(1864~1901)、メトロポリタンとワシントンナショナルギャラリーには感心するほどグレコとゴヤのいい絵が揃っている。

そして、印象派のロートレックの油彩ついてはシカゴ、MET、ボストン、フィラデルフィア、ワシントンナショナルギャラリーで作品の前に立つと、オルセーだけではロートレックをみたことにはならないことを思い知らされる。

フリックもゴヤを2点所蔵しており、そのひとつ‘鍛冶屋’が心を打つ。3人の鍛冶職人は呼吸をあわせて熱く焼けた鉄のかたまりを鍛造している。労働者が仕事をする姿をゴヤはもう一枚描いている。それはブダベスト国立美にある‘刃物研ぎ師’、こうした生活力のある庶民を写実的に描いたものをどちらもみれたのは幸運だった。

イギリスの国民的画家、コンスタブル(1776~1837)とターナー(1775~1851)の作品がしっかり飾ってあるのは流石という感じ。立ち尽くしてみていたのがコンスタブルの‘白馬’、ロンドンのナショナルギャラリーなどの美術館でお目にかかる代表作と同じくらいの完成度。イギリス以外でみられる作品ではこれが一番かもしれない。

ターナーはヨーロッパ北部の3つの港町の風景を3点描いているが、ここには‘ケルン 郵便船の到着、夕刻’と‘デイエップ港’がおさまっている。ともに見ごたえのある大作でモネの作品を予感させる。

ルノワールの母と子どもの絵同様、ドが(1834~1917)の‘リハーサル’が記憶に強く残っている。バレエの踊り子と年老いたヴァイオリン奏者の組み合わせという意表をつく画面構成が気を引く。でも、ヴァイオリンの音色に合わせて踊ることが実際にあったのだろうか。ずっとひっかかっている。

|

« 美術館に乾杯! フリック・コレクション その五 | トップページ | 豪華なラインナップを揃えた‘ボストン美の至宝展’! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/65576679

この記事へのトラックバック一覧です: 美術館に乾杯! フリック・コレクション その六:

« 美術館に乾杯! フリック・コレクション その五 | トップページ | 豪華なラインナップを揃えた‘ボストン美の至宝展’! »