« お楽しみ! 英一蝶の巨大涅槃図 | トップページ | 二度目の‘アルチンボルド展’! »

2017.07.28

三菱一号館美でミケランジェロの大理石像と対面!

Img   ミケランジェロの‘十字架を持つキリスト’(1514~1516年)

Img_0001  ミケランジェロの‘十字架を持つキリスト’(1519~1521年)

現在、三菱一号館美で行われている‘レオナルド×ミケランジェロ展’(6/17~9/24)。当初はパスのつもりだったが、7/11からミケランジェロ(1475~1564)の大理石像が登場したので出かけてきた。

レオナルド(1452~1519)とミケランジェロが描いた素描の数々を見終わったあと、導線にそって進むとミュージアムショップの手前の部屋にお目当ての‘十字架を持つキリスト’がどーんと置かれていた。ミケランジェロの大理石像をみるのは2010年、フィレンツェのアカデミア美で‘ダヴィデ’などをみて以来のこと。

2つの画像の上は今回三菱一号館にやって来た‘キリスト像’で普段はローマの郊外のサン・ヴィンチェンツォ修道院にある。じつはミケランジェロはこの像をはじめにつくったのだが、大理石の顔のところに黒い筋目がでたので彫るのをやめてしまった。

そして、リセットしつくり直したのが下の彫像。こちらはローマのサンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ聖堂に飾られており、2010年ローマでベルニーニの彫刻巡りをしたときこのキリスト像も目のなかにおさめた。最初の作品とちがい余計なブロンズの腰布があるので(16世紀末以来)強く記憶されている。

では未完成のオリジナルヴァージョンはどうなったというと、注文したメッテロ・ヴァ―リというローマの貴族がもらいうけ邸宅の庭に古代作品のように展示していたという。また、作品は17世紀のはじめにほかの彫刻家によって仕上げられた。それから紆余曲折を経て、2000年修道院にある彫像がミケランジェロが手がけたものであることが確認された。

ミケランジェロの彫刻作品は2010年、幸運なことにコンプリートすることができた。そして、新たに1点が加わった。素直に嬉しい。

|

« お楽しみ! 英一蝶の巨大涅槃図 | トップページ | 二度目の‘アルチンボルド展’! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三菱一号館美でミケランジェロの大理石像と対面!:

« お楽しみ! 英一蝶の巨大涅槃図 | トップページ | 二度目の‘アルチンボルド展’! »