« 美術館に乾杯! NY ノイエギャラリー その二 | トップページ | 美術館に乾杯! フリック・コレクション その一 »

2017.07.17

思わず足がとまった茜空!

Img_2     散歩の途中に遭遇した美しい茜空    

Img_0001_2     小野竹喬の‘残照’(1962年)

夕方、1時間の散歩をするのはお決まりのルーティン。このところ大股でちょっとハードに歩くのを心掛けているが、さすがに後半はしんどくなってくる。で、ペースダウンして家にむかっていたら、空の雲が淡い茜色に染まっていることに気づいた。

年に数回こんな美しい茜空に出くわす。どの季節だったかしっかり記憶しているわけではないが、秋より冬にこの光景が多いという実感がある。ところが、今日は真夏にちかい時期。だから、夏にこれほど心を打つ茜の空が出現したのが不思議でならない。

ここ数年天気や気象のことを理解しようと、自然環境を扱ったTV番組を熱心にみている。その成果が少しづつでているのは確かだが、意外に思える夏における茜空を気象学者のように説明できるところまではいってない。

こういう赤い空を見るたびに思い出す絵がある。‘茜空’の画家と呼ばれる小野竹喬(1889~1979)の風景画。いくつかある夕空の絵にみられる色は実際に現れた茜に映える空や雲の色とじつによく似ている。例えば、‘残照’は今日の美しい空と重なってくる。

BSプレミアで放送される‘体感!グレートネイチャー’の影響もあって、実現するのは容易ではないが海外にあるサプライズの絶景を自分も体感してみたいと思うようになってきている。以前なら寒いので考えられなかった‘オーロラをみるツアー’などがチラッと頭をかすめる。自然がつくりだした‘アート’をめぐる旅に気持ちがだんだん傾いていく。

|

« 美術館に乾杯! NY ノイエギャラリー その二 | トップページ | 美術館に乾杯! フリック・コレクション その一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思わず足がとまった茜空!:

« 美術館に乾杯! NY ノイエギャラリー その二 | トップページ | 美術館に乾杯! フリック・コレクション その一 »