« 美術館に乾杯! ロダン美 その二 | トップページ | 本当にダリの遺体を掘り起こすの!? »

2017.06.29

おもしろい生物本 ‘働かないアリに意義がある’!

Img

Img_0001

ここ数年、TVの科学番組をみることが大きな楽しみになっている。とくに熱心なのは次の4つ。

★‘サイエンスゼロ’ NHKEテレ 日曜 夜11:30~12:00
★‘コズミックフロントNEXT’ BSプレミアム 木曜 夜10:00~11:00
★‘モーガンフリーマン 時空を超えて’ Eテレ 木曜 夜10:00~10:45
★‘体感!グレートネイチャー’ BSプレミアム 毎月1回 土曜 夜8:00~9:30

‘サイエンスゼロ’は司会者の竹内薫氏が最新の話題をゲストをまじえてわかりやすく解説してくれるので時間は30分と短いが理解がぐんと進み関心の度合いも増していく。昨年末、恒例の公開番組が2本あり、その一つの‘ダーウィンの進化論に異議あり!?’が大変興味深かった。

講義をした先生は進化生物学者の長谷川英佑氏(北海道大学準教授)、話のベースになっているのはかなり売れているという著作本‘働かないアリに意義がある’(2010年 メデイアファクトリー新書)、意表を突くテーマなのでこの本のことが気になっていた。

購入がのびのびになっていたが2週間前に行きつけの本屋で注文し手に入れた。2,3年前の本かと思っていたら2010年に出版されていた。今は文庫本もでている。とてもわかりやすい論述、これなら売れるはずだと即納得、おかげでこの働かないアリが存在するというコロニーのシステムはダーウィンの唱えた‘自然選択説’による進化とは別の進化の形であることがよく理解できた。興味のある方は是非書店へ!

1章と2章の終わりにポイントがまとめられている。ご参考までに、
1章 7割のアリは休んでいる
 ・7割ほどのアリは巣の中で何もしていない
 ・生まれてから死ぬまでほとんど働かないアリもいる
 ・卵の世話など、巣にはほんの短時間でも途切れてはならない作業がある
 ・ハチもアリも若いうちは内勤で、老いると外回りの仕事に就く傾向がある
 ・一つの仕事を続けたアリでも、熟練して効率があがるわけではない
 ・大きな組織に所属するアリは体のつくりが雑
 ・道を間違えるアリが交ざっている方が、エサを効率よくとれる場合がある
 ・兵隊アリは喧嘩になると逃げる

2章 働かないアリはなぜ存在するのか?
 ・ハチやアリには刺激に対する反応の違い(反応閾値)という‘個性’がある
 ・個性があるから仕事の総体がまんべんなく回り、コロニーに有利
 ・仕事が増えると働かないアリも働くようになる(重い腰をあげる)
 ・働かないアリは鈍い、むしろ‘働けないアリ’である
 ・疲労という宿命があると、腰の軽い働くアリばかりいる効率的なシステム
  より働かないアリのいる非効率的なシステムのほうが長期間存続できる

アリの個性が何のために存在するのか、学者たちがたどりついた‘反応閾値モデル’に大きな刺激をもらった。一気に嵌ったので長谷川氏のほかの本をOAZO丸善で調べてもらい、2015年に出版された‘面白くて眠れなくなる進化論’(PHP)も手に入れた。これもよく書けている。

|

« 美術館に乾杯! ロダン美 その二 | トップページ | 本当にダリの遺体を掘り起こすの!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おもしろい生物本 ‘働かないアリに意義がある’!:

« 美術館に乾杯! ロダン美 その二 | トップページ | 本当にダリの遺体を掘り起こすの!? »