« 美術館に乾杯! プティ・パレ美 その三 | トップページ | 待望の‘アルチンボルド展’! »

2017.06.21

日本の美! 紫陽花

Img      散歩の足がとまる紫陽花

Img_0002     山口蓬春の‘紫陽花’(1959年 山口蓬春記念館)

Img_0001     山口蓬春の‘紫陽花’(1957年 北海道近美)

梅雨時、詩情を感じさせる花といえば紫陽花、今日は夕方雨があがったのでいつものルートを散歩した。途中、水気をたっぷり含んだ紫陽花にみとれてデジカメのシャッターを押した。

花の名前を一から十まで知っているほど草花には精通してない。たぶん、隣の方の三分の一くらいの知識しかないだろう。それでも、日本画を長くみているので、少しずつ花の形と色合いのヴァリエーションがたまってきた。花鳥画を得意とする画家は平安のころから現代にいたるまで途切れることなく存在している。そして、花のイメージとつながっている画家も多い。

例えば、梅や燕子花ならすぐ尾形光琳を思い浮かべる。では、紫陽花というと誰か、光琳と同じくらいすぐでてくるのは山口蓬春(1893~1971)、以前鎌倉にある山口蓬春記念館によく通い、そのモダンな香りのする花鳥画を楽しんだ。

蓬春の描く花で際立って魅力的なのが紫陽花で代表作に‘榻上の花’(東近美)や‘梅雨晴’(山種美)などがある。ほかにも紫陽花の紫の美しさが心をゆすぶるのがある。それが記念館と北海道近美が所蔵するもの。最近はご無沙汰している記念館、紫陽花をみてドライブがてら出かけてみたくなった。

|

« 美術館に乾杯! プティ・パレ美 その三 | トップページ | 待望の‘アルチンボルド展’! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の美! 紫陽花:

« 美術館に乾杯! プティ・パレ美 その三 | トップページ | 待望の‘アルチンボルド展’! »