« 美術館に乾杯! オランジュリー美 その二 | トップページ | 美術館に乾杯! オランジュリー美 その四 »

2017.05.29

美術館に乾杯! オランジュリー美 その三

Img     アンリ・ルソーの‘ジュニエ爺さんの馬車’(1908年)

Img_0004     アンリ・ルソーの‘人形を抱く子ども’(1905年)

Img_0003     ユトリロの‘ノートルダム’(1910年)

Img_0001     ユトリロの‘クリニャンクールの教会’(1939年)

パリの美術館をまわると芸術心が特別に刺激されるのは美術の本にでている有名な作品とたくさん遭遇するからではないかと思う。やはりパリは‘芸術の都’である。

印象派以降の近代絵画の場合、例えばオルセーとオランジュリーを続けてみると楽しみが2倍、3倍になる画家が二人いる。睡蓮の画家、モネと素朴派のアンリ・ルソー(1844~1910)。オルセーにあるルソーで感激度が高いのは‘蛇使い’。

このジャングル画の最高傑作をみてオランジュリーに移動すると、今度は人物画のいい作品が待ち受けている。ここでルソーは5点みられるが、3点が人物を描いたもの。‘jジュニエ爺さんの馬車’と‘婚礼’はみんな直立不動で正面を向いた群像画。

ジュニエ爺さんはルソーの馴染みの食料品店の親爺のこと。つけを清算するためにルソーはこの一家が乗る馬車を描いた。手綱を握る主人の横にちゃっかり自分を描きこんでいるとことがおもしろい。人物と馬と犬は黒、白、赤の3色だけが塗られいる。このシンプルな色の組み合わせはとても印象深いので、平板な切り絵をペタペタと貼ったような人物と犬の描き方が気にならなくなる。

一方、‘人形を抱く子ども’はルソーお得意の子ども画。女の子は子どもの割には目元あたりは大人びている。つい惹きこまれるのは着ている赤の服につけられた草間彌生風の白い点々とまわりの野原に咲く花々。こんな絵を描く画家はほかにいないので見惚れてしまう。

昨日の日曜美術館で姫路の美術館でユトリロ展が開かれていることが紹介されていた。久しぶりにユトリロ(1883~1955)をみたいが、東京には巡回はないよう。残念!

オランジュリーにはユトリロは両手くらいあったように記憶している。お気に入りは真正面から描いた‘ノートルダム’と‘クリニャンクールの教会’。絵は画家の心を映すといわれるが、このなにか物悲しい情景はユトリロの孤独な気持ちがでているのかもしれない。

|

« 美術館に乾杯! オランジュリー美 その二 | トップページ | 美術館に乾杯! オランジュリー美 その四 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/65345529

この記事へのトラックバック一覧です: 美術館に乾杯! オランジュリー美 その三:

« 美術館に乾杯! オランジュリー美 その二 | トップページ | 美術館に乾杯! オランジュリー美 その四 »