« 交響曲は楽し! チャイコフスキー | トップページ | ココシュカの‘風の花嫁’! »

2017.05.09

交響曲は楽し! マーラー

Img      マーラー(1860~1911)

独身時代よく聴いていたマーラー(1860~1911)だが、結婚すると長くて大音響のマーラーの交響曲を自分の好みで流し続けるというわけにはいかず、次第に聴く回数は激減した。で、いろいろ買い揃えたCDもあっさり処分。元来コレクション癖がないのでこれは気にならない。そして、NHKのクラシック番組をビデオ録画した映像クラシックを楽しむ鑑賞スタイルに変わった。

ビデオに登場する指揮者で多いのがアバド。3本ある
★‘1番’ ベルリンフィル(1989年)
★‘2番’ ルツェルン祝祭管弦楽団(2003年)
★‘3番’ ベルリンフィル(1998年 日本公演)

今残っている‘4番’以降のラインナップは、
★‘4番’ ハイティング指揮 ベルリンフィル(1991年)
★‘5番’ インバル指揮 フランクフルト放送交響楽団(2000年 日本公演)
★‘6番’ エッシェンバッハ指揮 パリ管弦楽団(2001年 日本公演)
★‘8番’ ゲルギエフ指揮 ロッテルダムフィル(2005年)
★‘9番’ 小澤指揮 ボストン響(2002年)

‘7番’はどういうわけかTVでは縁がなく、ビデオが欠けているがCDで何度も聴いたので曲の特徴はわかっている。こだわりのマーラーだから、ほかの作曲家と違ってセレクションは厳しい。例えば‘1番’は違う指揮者の演奏も聴き、アバドと比べてふるいをかけてきた。ほかも同様、だから、これが極上のマーラー。

マーラーの交響曲はひとつ々個性があり、何度聴いても飽きない。口ずさめるいいメロデイがあり、ホルンやトランペットは高らかに鳴り響く、そしてなんといっても腹の底から揺さぶられるのはフィナーレ、圧倒的な音量は重層的な音の響きが一瞬一点に集中し大爆発したような感じ。こういう音楽はマーラーでしか味わえない醍醐味。これにとりつかれてマーラーを聴き続けてきた。

今回、ブラームス、ベートーベン、モーツァルト、チャイコフスキー、マーラーの交響曲を集中して聴いて作曲家同士の響き合いのようなものがわかった。例えば、マーラーの‘5番’の出だしのトランペットが奏でる‘葬送行進曲’はベートーベンの‘5番’のあの‘ダダダ、ダーン’を意識したのではないかと思ったりもした。また同じくマーラーの‘6番 悲劇的’のはじめの耳に強く残る部分もベートーベンの‘ダダダ、ダーン’の変奏に聴こえなくもない。

クラシック音楽の楽しさがまた甦った。これからは‘音楽の力’を感じることが多くなりそう。

|

« 交響曲は楽し! チャイコフスキー | トップページ | ココシュカの‘風の花嫁’! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/65259307

この記事へのトラックバック一覧です: 交響曲は楽し! マーラー:

« 交響曲は楽し! チャイコフスキー | トップページ | ココシュカの‘風の花嫁’! »