« 極上の中国絵画! | トップページ | 個性豊かな花入! »

2017.05.23

魅了される茶入の名品!

Img_0002 ‘唐物肩衝茶入 北野肩衝’(重文 南宋・元時代13~14世紀 三井記念美)

Img_0001     ‘唐物肩衝茶入 松屋肩衝’(重文 13~14世紀 根津美)

Img     ‘唐物茄子茶入 銘 富士’(重文 13~14世紀 前田育徳会)

Img_0003     ‘唐物鶴首茶入 利休鶴首’(13~14世紀)

中国で南宋から元の時代にかけてつくられた茶入には不思議な魅力がある。久しぶりに行われた‘茶の湯’展はこの小さな茶入の名品にお目にかかれる絶好の機会。最も有名な‘唐物肩衝茶入 銘 初花’(徳川記念財団)はすでに展示は終了しているが、ほかの名品は会期の最後までみることができる。

今、肩衝茶入の‘北野肩衝’と‘松屋肩衝’、そして茄子茶入の‘銘 富士’が一緒に並んで飾られている。これは圧巻!茶入に嵌ったのはこの褐色の色。この色がサイズの小さいこのやきものに重厚な印象を与えている。また、色の魅力に加えバラエティに富む形が視線を釘づけにする。

安定感のある肩衝、下がぷくっと膨れた茄子、また鶴の首を思わせるものもある。そして形とともに茶入の魅力を決定づけるのが釉薬がたれてできる‘なだれ’の景色。‘なだれ’の好みは人それぞれだが、多くの茶人たちの心を虜にした名品のなだれがつくりだす景色は格別。今回ははじめてみた‘富士’と利休が所持していた‘利休鶴首’をじっくりみていた。

このほかにも茶入は‘古瀬戸’や‘瀬戸’などのぐっとくるものが多くでていた。2年前あった古田織部展についでこの茶の湯展でもこれほどの数の名茶入にお目にかかれて幸せいっぱい。ミューズに感謝!

|

« 極上の中国絵画! | トップページ | 個性豊かな花入! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/65320125

この記事へのトラックバック一覧です: 魅了される茶入の名品!:

« 極上の中国絵画! | トップページ | 個性豊かな花入! »