« 美術館に乾杯! アントワープ王立美 その三 | トップページ | さいたま市大宮盆栽美術館を訪問! »

2017.04.29

美術館に乾杯! アントワープ王立美 その四

Img     アンソールの‘陰謀’(1890年)

Img_0002     アンソールの‘首吊り死体を奪い合う骸骨たち’(1891年)

Img_0003     アンソールの‘絵を描く骸骨’(1896年)

Img_0001     アンソールの‘東洋の品々のある静物’(1907年)

海外の美術館が改修工事などで閉館になるとそのコレクションがまとまって日本にやってくることがある。2017年末まで美術館を閉めるアントワープ王立美は‘仮面の画家’アンソール(1860~1949)の作品を2012年どさっと新宿の損保ジャパン美に貸し出してくれた。

このラインアップは手元にあるTASCHENのアンソール本に載っているものを多くカバーする充実ぶり、だから、この画家はいっぺんに済マークがつけられた。そのなかで最も有名な仮面の絵が‘陰謀’、右に意地の悪そうなでぶっちょの女、あのマイケル・ジャクソンの鼻を連想する緑の服を着た男の仮面、また、右の上には半分骸骨の仮面の男がいる。

仮面とともにアンソールの代名詞となっているのが骸骨、ブラックユーモア的なおもしろさがある‘首吊り死体を奪い合う骸骨たち’と骸骨に身を変えた自画像‘絵を描く骸骨’は一度みたら忘れられない。ベルギー王立美でもニシンを二人の骸骨が奪う合う絵をみた。

じつはアンソールの絵を最初にみたのはMASミュージアムにも展示してあった‘東洋の品々のある静物’、1988年西洋美で開催された‘ジャポニスム展’で遭遇した。アントワープ王立美にはアンソールの油彩が40点くらいあるそうだが、その頃はまだ仮面や骸骨とアンソールは結び付かなかった。そのあと、2005年東京都庭園美でアンソール展に出くわし、だんだんアンソールの画風に興味を覚えるようになった。

|

« 美術館に乾杯! アントワープ王立美 その三 | トップページ | さいたま市大宮盆栽美術館を訪問! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/65214103

この記事へのトラックバック一覧です: 美術館に乾杯! アントワープ王立美 その四:

« 美術館に乾杯! アントワープ王立美 その三 | トップページ | さいたま市大宮盆栽美術館を訪問! »