« 美術館に乾杯! ベルギー王立美 その九 | トップページ | 期待を上回る‘海北友松展’! »

2017.04.21

美術館に乾杯! ベルギー王立美 その十

Img_0001     クノップフの‘愛撫’(1896年)

Img_0004     クノップフの‘妹マルグリットの肖像’(部分 1887年)

Img     バーン=ジョーンズの‘プシケの婚礼行列’(1895年)

Img_0002    ヌンクの‘孔雀’(1896年)

とても気になる絵の存在がきっかけとなって、画家が好きになることがある。だが、その絵とじっさいにお目にかかれるかというと簡単ではなく時間がかかる。ベルギー象徴派のクノップフ(1858~1921)が描いた‘愛撫’を見た瞬間、クノップフへの関心が大きくなった。そして、ようやくベルギー王立美を訪問する機会がめぐってきた。

チータと女性のハイブリッドスフィンクスが一見女性を思わせる若者と頬を寄せ合っている謎めいた作品、心がザワザワしてくる感じはクリムトが描く官能的な女性をみるときと似ている。スフィンクスがエジプトにあるようなライオンだったら、どんな印象になるだろうか、女性の顔を美しくみせるために黒い点々のあるチータにしたのかもしれない。

クノップフにとって理想の女性は6歳下の妹マルグリットだった。そのため、描かれるモデルの容貌はマルグリットのイメージがベースになっている。肖像画は結婚前のマルグリットをクノップフが29歳のとき描いたもので、生涯手放さなかった。

クノップフに強い影響を与えたのがイギリスのラファエロ前派の画家、バーン=ジョーンズ(1833~1898)、ここには‘プシケの婚礼行列’が展示されていた。人物の配置はバーン=ジョーンズお得意の女性のシールを横一列にぺたぺた張り付けたような構成。真ん中がこれから恐ろしい怪物のところへ嫁ぐことになるプシケ。

ヌンク(1867~1935)の鈍く光る青を基調にした‘孔雀’は森のなかに出現した幻想世界に紛れ込んだような気分にさせる作品。まさに象徴派全開。この美術館にはデルヴィル(1867~1953)の鑑賞欲をおおいに刺激する‘悪魔の宝物’があるのだが、どういうわけか2回とも姿を見せてくれなかった。残念な思いをずっと引きずっている。

|

« 美術館に乾杯! ベルギー王立美 その九 | トップページ | 期待を上回る‘海北友松展’! »

コメント

クノップフの ‘ある作品: ①記憶 と、②見捨てられた町’ をさがして たった一人で あの広いベルギー王立美館館内を必死で捜し廻ったのは 過去の思いでです。とうとう 見つかりませんでした。どこかの部屋で バベルの塔(作者名不明)をみました。持っていた絵の写真を見せて聞きまくりましたのに誰も知らないと云う事でした。見られないなら古典館の方をもっとゆっくり見ればよかったと後悔しました。ベルギーはゲントの神秘の仔羊 をみればいいとおもってましたのでその通りになり 潔くあきらめました。こんな事も 今では懐かしい思い出。ベルギーは不思議な国
叙情的な国ですね。東洋に住む我々にはよくわからない事も多く フランス等からは差別されてるようです・・・

投稿: Baroque | 2017.04.23 03:29

to Baroqueさん
クノップフがお好きでしたか。波長が合いますね。
われわれは‘記憶・芝生のテニス’はみましたが、
‘見捨てられた町’はダメでした。

ベルギーは食事が美味しいというイメージができ
てます。仰るようにフランス人はナチスの攻撃に
すぐ手をあげたベルギー人を根性なしと馬鹿に
してますね。

投稿: いづつや | 2017.04.23 23:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/65180130

この記事へのトラックバック一覧です: 美術館に乾杯! ベルギー王立美 その十:

« 美術館に乾杯! ベルギー王立美 その九 | トップページ | 期待を上回る‘海北友松展’! »