« スメタナの ♪♪交響詩‘モルダウ’! | トップページ | アール・ヌーヴォーの煌めき ミュシャ様式! »

2017.03.16

圧巻!ミュシャの‘スラブ叙事詩’

Img    ‘スラブ叙事詩 原故郷のスラブ民族’(1912年)

Img_0001  ‘東ローマ帝国として戴冠するセルビア皇帝ステファン・ドウシャン’(1923年)

Img_0003     ‘スラブ式典礼の導入’(1912年)

Img_0002   ‘スラブ菩提樹の下でおこなわれるオムラジナ会の誓い’(1926年)

国立新美ではじまった‘ミュシャ展’(3/8~6/5)をみてきた。お目当てはミュシャ(1860~1939)がチェコに帰ってから17年もかけて完成させた連作‘スラブ叙事詩’、この大きな絵が20点全部日本にやって来るなんて夢のような話。そんな奇跡みたいなことがおこるのだから日本は美術大国。

古代から現代に至るまでのスラブ民族の苦難の歴史を描いた壮大なシリーズ20点は絵のサイズでいうと3つくらいに分かれ、最も大きいのは最初の‘原故郷のスラブ民族’やこの向かい側に飾ってある‘スラブ式典礼の導入’、最後のほうにでてくる‘スラブ菩提樹の下でおこなわれるオムラジナの誓い’などの
縦6.1m、横8.1m、全部で7点ある。これだけ大きいと本当に見ごたえがある。

国立新美の広い展示スペースを3つに区切って展示されているが、最後のコーナー(5点)は撮影が可能になっている。これは粋なはからい。拍手々! 昨日は平日なのに大勢の人であふれかえっており、そのなかには中学生がたくさんいた。美術の鑑賞体験がミュシャの‘スラブ叙事詩’なんて幸せすぎる。

iフォンで撮影する人、大きな絵の前で描かれている場面の印象をノートに書き込む中学生たち、圧倒的な絵の力を見せつけられ、言葉を失い1点々画面の隅から隅までながめている光景をみてミケランジェロの天井画‘天地創造や大壁画‘最後の審判’が飾られているローマのシスティーナ礼拝堂のなかにいるような気がしてきた。

ひととおりみて作画の特徴みたいなものがひとつみえてきた。何人も登場する人物のうちで手前に描かれている男女に注目、じっとこちらをみる目力の強い人物(たいてい女性)が一人ないし二人いる。このとても気になる女性がどの絵にもでてくるかチェックしたら、15点でそう描かれていた。

印象に残った表現では‘原故郷のスラブ民族’にみられる夜空の星々、そしてミケランジェロの‘最後の審判’に描かれた人物を連想させる2人のスラブ人の祖先。‘スラブ式典礼の導入’で左にいる輪を右手にもっている人物が女性ではなくて若い男だったのも本物の威力。

明るい光に満ちた黄色の画面が心を打ったのが‘東ローマ帝国として戴冠するセルビア皇帝ステファン・ドゥシャン’と‘スラブ菩提樹の下でおこなわれるオムラジナ会の誓い’、そして最後の‘スラブ民族の賛歌’。17番目の‘聖アトス山’はベルギー象徴派のクノップフの神秘的な絵が頭をよぎった。

プラハ国立美で‘スラーヴィア’に遭遇し、今回あの‘スラブ叙事詩’をみることができた。ミュシャに乾杯!

|

« スメタナの ♪♪交響詩‘モルダウ’! | トップページ | アール・ヌーヴォーの煌めき ミュシャ様式! »

コメント

私も先日観てまいりました。
昨夜のNHKドキュメンタリーを観て、またもう一度観に行きたくなりました。プラハには以前、行ったことがありますが、その当時はスラブ叙事詩がプラハには無く、モラヴィアにあったので、見逃しました。昔、一点だけ(スラブ菩提樹の下でおこなわれるオムラジナ会の誓い)が日本に来たことがあったので観た記憶があります。全20点を一堂に観る事ができて、感無量です。

投稿: 榎俊幸 | 2017.03.17 08:14

to 榎俊幸さん
昨日のNHKの番組をみて‘スラブ叙事詩’が現在は
われわれが訪問したプラハ国立美があるヴェルト
レズ二宮殿に飾られていることがわかりました。
やっと疑問が解決しました。

榎さんもみられましたか、もう大感激ですね。
この連作が日本でみられるなんて夢のようです。
ミュシャのような絵のうまい画家がこんな大きな絵
をしあげてくれるのですから、画面全部に惹きこ
まれます。

新作に挑戦されている榎さんをいつも応援してます。
がんばって下さい。またお顔をみにいきます。

投稿: いづつや | 2017.03.17 11:59

これだけの連作に日本で巡り合えることは、まさに一生に一度あるだけで、大変ありがたいことですね!

『スラブ式典礼の導入』などのような宗教色・民族色の強い、超現実的作品がある一方、『ヴィートコフ山の戦いの後』のような現実的な惨禍を描いた作品もあって、変化に富んだ圧倒的な観賞体験でした。

NHKの番組は、『スラブ叙事詩』の制作過程を示してくれて、理解が深まりました。

また番組のおかげで観賞中に疑問に思ったことも理解できました。『ベツレヘム礼拝堂で説教するヤン・フス師』のヤン・フス師、『東ローマ皇帝として戴冠するセルビア皇帝ステファン・ドゥシャン』のステファン・ドゥシャンがとても控えめに目立たなく描かれているのは、民衆一人ひとりが歴史の主役だという考えの表れだとか。また画面中からこちらをじっと見ている人々は、画面の中の出来事を私たちに訴えているのですね。

テンペラと油彩を合わせたという絵具も私にはどこかフレスコ画に近い色合いに見え、大変美しいと思います。

ポスターとはまったく違ったミュシャの技法に感服しました。

投稿: ケンスケ | 2017.03.18 21:19

to ケンスケさん
ずいぶん前から‘スラブ叙事詩’のことは知ってま
したが、実際に見れるなんて思ってもみませんで
した。本当に奇跡的なことがおこりました。

ミュシャはもともと草花や人物のリアルな描写は
上手い画家ですから、画面のなかに登場する民衆
たちは素のままという感じでその表情にはぐっと
惹きこまれます。

こんな魂を揺すぶられる大作に出会えたことは
生涯の幸せです。

投稿: いづつや | 2017.03.18 23:35

いづつやさん、こんにちは。
「スラブ叙事詩」を、いづつやさんのブログで知りました。これは観なければと思ったのですが、なかなか行けなくて、やっと日曜に友人と観てきました。会場の2階から、美術館の外まで行列でした。

でも50分程で中に入れました。そしたらもう、あの超大作が!いきなり目力のある女性と目が合って動けなくなりました。(笑)

きらびやかな女性ばかりを描くイメージが変わりました。こんなに心を動かされるとは。一生モノの経験が出来ました。紹介して下さって、感謝しております。

投稿: みどりがめ。 | 2017.05.29 23:49

to みどりがめさん
ミュシャ展は50分待ちですか!日曜美術館で
‘スラブ叙事詩’が紹介されたりしましたから、
口コミで関心が高まっているのでしょうね。

私もここ数ヶ月、病院の女医や看護婦さんとか
定例懇親会の出席者たちにミュシャ展をおおいに
奨めてきました。こんな大きな絵が全点見れるの
ですから奇跡的なことです。この嬉しさを共有で
きたのはなによりでした。

投稿: いづつや | 2017.05.30 23:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/65024460

この記事へのトラックバック一覧です: 圧巻!ミュシャの‘スラブ叙事詩’:

« スメタナの ♪♪交響詩‘モルダウ’! | トップページ | アール・ヌーヴォーの煌めき ミュシャ様式! »