« 大盛況の‘草間彌生展’! | トップページ | 美女に救われた‘シャセリオー展’! »

2017.03.19

期待の‘カッサンドル・ポスター展’!

Img_0002     ‘エトワール・デュ・ノール’(1927年)

Img_0003     ‘ラントランジジャン’(1925年)

Img     ‘ノルマンディー’(1935年)

Img_0004     ‘デュボ・デュボン・デュボネ’(1932年)

国立新美の‘ミュシャ展’へ出かけるとミュシャがつくった人気絶大のポスターがたくさんみれるが、もしポスターに興味がある人はJR京浜東北線の北浦和駅から歩いてすぐの所にある埼玉県近美へも足をのばすと楽しいことがあるかもしれない。

ここではパリで活躍したグラフィックデザイナー、カッサンドル(1901~1968)の刺激的なポスターがずらっと並んでいる。この‘カッサンドル・ポスター展’の会期は残り少なく来週の26日(日)まで。カッサンドルを知ったのは2010年に放送された‘パリのポスター’に焦点をあてた日曜美術館。このときでてきた‘エトワール・デュ・ノール’に200%KOされた。

これはフランスの鉄道会社が運営するパリとアムステルダムをを結ぶ寝台列車‘北極星号’のためにつくられたポスター。でも、通常の旅行のポスターとちがい、描かれているのは列車ではなく、レールだけ。その軌道を6本の直線と曲線を組み合わして表現し、高い位置の地平線の消失点までのばしている。この斬新な発想に大きな衝撃を受けた。

これまでみたカッサンドルのポスターは数点しかないので、展示されたものがどれも刺激的でいちいち足がとまる。そして、‘こりゃ、天才だわ’と思う。ドキッとしたのが夕刊紙のポスター‘ラントランジジャン’、会社からテーマは‘情報’と言われたカッサンドルはこのテーマがすぐイメージできるよう耳に直線が何本も集まるデザインを思いついた。そして‘ラントランジジャン’の文字が一部切れているのもポイント、これで情報の命であるスピード感をだしている。

圧倒的な存在感を放つのが豪華客船の‘ノルマンディー号’、真正面の姿を下から仰ぎ見るとこの客船は船に乗り込むのにどれだけ時間がかかるのかと思ってしまうほど巨大に見えてくる。船底にほうには白いカモメが飛んでおり、旅のロマンをいやがおうにも掻き立てる。

今回大きな収穫だったのが食前酒‘デュボネ’のポスター、3つが連動し、男性の酔い心地にあわせて左から文字がだんだん染まっていく。これがおもしろい。最初が‘美しい’、次が‘おいしい’、そして‘デュボネ’。じつに上手くできたポスター。

子どものころTVにトリスウイスキーのおもしろいCMがよく流れていた。男の顔がだんだん赤くなっていくものだが、このアイデアは食前酒のポスターをまねたものにちがいない。この作品もカッサンドルがつくったというのも驚き、硬いものもユーモラスなキャラクターも生みだせるのだからカッサンドルはグラフィックを自在にものにできるほどの豊かな才能をもちあわせている。

ずっと気になっていたデザイナーの代表作がいくつもみれて満ち足りた気分、ミューズに感謝!

|

« 大盛況の‘草間彌生展’! | トップページ | 美女に救われた‘シャセリオー展’! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/65037274

この記事へのトラックバック一覧です: 期待の‘カッサンドル・ポスター展’!:

« 大盛況の‘草間彌生展’! | トップページ | 美女に救われた‘シャセリオー展’! »