« 柴田是真の‘鬼女図額面’と対面! | トップページ | 日本橋高島屋の‘加山又造展’! »

2017.02.28

二度目の‘春日大社展’!

Img      国宝‘本宮御料古神宝類 蒔絵箏’(平安時代 12世紀)

Img_0003     拡大(左部分)

Img_0001     拡大(右部分)

Img_0002     国宝‘赤糸威大鎧’(鎌倉~南北朝時代 13~14世紀)

Img_0004     ‘鹿図屏風’(江戸時代 17世紀)

東博で開催中の‘春日大社展’(~3/12)は残り2週間となった。後期に一番のお目当てである‘本宮御料古神宝類 蒔絵箏’が登場するのでワクワク気分で出かけた。

この見事な蒔絵の箏の存在を知ったのは1998年に発行された‘週刊朝日百科 日本の国宝 春日大社’を買ったとき。見開き頁に大きく載った甲板に蒔絵で表された流水文様をみていつか本物をこの目でと強く思った。その願いが19年経ってようやく実現した。これほど嬉しいことはない。

目を釘づけにさせるのが大胆にそして柔らかく曲げられた流水の形。この造形感覚がまったくスゴイ、そして流れにそって元気よく飛んでいる鳥たち、槽の端のところには鴛鴦もみえる。この箏を二度とみることはないだろうから単眼鏡を使いながら隅から隅までじっくりみた。

もう一点、期待していたのがあった。国宝の‘赤糸威大鎧(竹虎雀飾)’、前期に展示された同じく国宝の‘赤糸威大鎧(梅鶯飾)も感激したが、この大鎧はさらに見事な出来栄え。こんな美しい兜、鎧があったのか!豪華さを演出しているのが赤と黄金の組み合わせ、国宝の鎧をかなりみたが、これが群を抜いていい。一生の思い出になる。

春日大社といえば鹿、通期で展示されている‘鹿図屏風’にもまた足がとまった。

念願のお宝がたくさんみれて200%満足した。ミューズに感謝!

|

« 柴田是真の‘鬼女図額面’と対面! | トップページ | 日本橋高島屋の‘加山又造展’! »

コメント

私も前期に続き、後期に足を運びました。

前期の鎧はさっと見ただけだったのですが、後期に出てきた『赤糸威大鎧』は、さすがに素晴らしくて、じっくり見ました。赤と金の色の対比も圧倒的ですが、細かな竹と猫の浮き彫りも見とれました。

『蒔絵箏』は拡大して見ると、もっとゆっくり見てくればよかった、と思います。私も今後は単眼鏡を持っていこうと思います。

投稿: ケンスケ | 2017.03.04 21:41

to ケンスケさん
蒔絵の箏は最後に残った最重要国宝でしたから、
天にも昇るような気持でみてました。
そして、赤糸威大鎧、こんな立派は鎧があった
なんて、これも一生の思い出です。

日本美術は春日大社のお宝をみたら済みマークを
つけようと思ってました。それが今実現しました。

投稿: いづつや | 2017.03.05 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二度目の‘春日大社展’!:

« 柴田是真の‘鬼女図額面’と対面! | トップページ | 日本橋高島屋の‘加山又造展’! »