« サプライズ! 東京都庭園美の‘並河靖之展’ | トップページ | 祝 稀勢の里 初優勝 横綱昇進! »

2017.01.21

関心の高い‘ラスコー展’!

Img     フランスのドルドーニュ県にある‘ラスコー洞窟’(2万年前)

Img_0001     大きな黒い牝ウシ

Img_0004     背中合わせのバイソン

Img_0002     バイソンとヒト

上野の国立科学博で開催されている‘ラスコー展’(~2/19)をみてきた。フランスのラスコー洞窟に描かれた動物の絵は世界史の教科書に載っているのでずいぶん昔から知っている。洞窟を訪ねてじかに動物の壁画をみたいと思っていたが、ある時現地を旅行した人から今は中に入れなくて近くに建てられた建物で現場を再現した壁画をみるだけということを聞いていたので旅行の話はなくなった。

今回その壁画が日本でも再現されることになった。これは見逃すわけにはいかない。どんな動物が描かれているかを知り資料価値の高い図録を手に入れようと意気込んで入館した。

入るといきなり現代のフランス人と変わらないクロマニョン人の母子が迎えてくれた。クロマニョン人はネアンデルタール人の後に登場したホモ・サピエンスだからわれわれと似ていてもおかしくはない。洞窟全体の構造を頭に入れた後実物大の壁画がある部屋に進む。5つの壁画が再現されていた。

最もインパクトがある動物が大きな黒い牝ウシ。ボリューム感のある堂々としたウシ、ほかには背中合わせのバイソンとか鹿が泳ぐ場面、ヒトに槍で腹をつかれたバイソンなどが描かれていた。人類の祖先たちがこのように生きていく中で目にした動物たちを洞窟の壁に描くというのは声を出して歌うのと同じ自然な表現行為かもしれない。

人類史への関心はだんだん高まっており、こういう展覧会は多くの情報を手に入れる絶好の機会。図録をじっくり読むことにしている。

|

« サプライズ! 東京都庭園美の‘並河靖之展’ | トップページ | 祝 稀勢の里 初優勝 横綱昇進! »

コメント

行こうか迷っていましたが、いづつやさんのご報告を見て、行ってまいりました。

予想以上に多くを学んだ展覧会でした。2万年前とはいえ、茶、黒、赤、黄、紫の色を鉱物を使って描いていたのですね。しかも牛や馬の動きまで表現されていたとは!

特に馬の後ろ脚を三本描いて動きを表していたなどびっくりでした。

それに洞窟内部を明るくするためにランプまで使っていたのですね。足場を組んでいた形跡まであるなんて、まるでミケランジェロじゃないでしょうか。

アルタミラはどうなっているのだろうとか、ほかにもまだ未発見の洞窟があるのではないか、などと考えてしまいました。

投稿: ケンスケ | 2017.01.24 20:24

to ケンスケさん
この展覧会はラスコー洞窟を実感させてくれるの
がありがたいですね。動物たちがどういう風に描か
れていたのか興味深いみました。

人類史もこういう具体的なものがでてくるとわかり
やすいですね

投稿: いづつや | 2017.01.24 23:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関心の高い‘ラスコー展’!:

« サプライズ! 東京都庭園美の‘並河靖之展’ | トップページ | 祝 稀勢の里 初優勝 横綱昇進! »