« 美術館に乾杯! エルミタージュ美 その八 | トップページ | 美術館に乾杯! エルミタージュ美 その十 »

2017.01.16

美術館に乾杯! エルミタージュ美 その九

Img     ドンゲンの‘黒い帽子の女’(1908年)

Img_0002     ピカソの‘アブサン好きの女’(1901年)

Img_0001 アンリ・ルソーの‘ルクセンブルグ公園 ショパンの銅像’(1909年)

Img_0003    カンディンスキーの‘冬景色’(1913年)

オランダのフォーヴィスム派、キース・ヴァン・ドンゲン(1877~1968)はアムステルダムのゴッホ美でみた‘画家の妻’というインパクトの強い肖像画で開眼した。そのきっかけとなったのがエルミタージュにある‘黒い帽子の女’、ところがここを訪問したときはまだ画家の存在を知らなかったのでこの絵をみたという実感がない。

だから、あとで図録をみてこんないい絵があった?と悔いを残すはめになった。絵画鑑賞にはこういうことがよく起きる。絵画が好きだからといっても鑑賞のタイミングと画家に対する思い入れがいつも一致しているわけではないのでどうしてもすれ違いが生じてしまう。次回訪問するときリカバリーリストの第一列にこの絵を載せておくつもり。

ピカソ(1881~1973)は青の時代の作品とキュビスム風の人物画など5点くらいみた。そのなかで強く印象に残っているのは‘アブサン好きの女’、絵の描き方はちがうが孤独なカフェの女という点ではドガやロートレックを連想させる。左手を広げて顎にあて右手を肩のつけ体をぐっと細くみせるポーズが視線を釘づけにする。これとよく似た絵をフォッグ美でみたことがある。

アンリ・ルソー(1844~1910)の‘ルクセンブルグ公園 ショパンの銅像’は確か大エルミタージュ美展(2012年)に出品された。画面の多くをしめる緑の木々はルソーのジャングルのイメージとつなっがっているが、シチューキンが蒐集した豹が水牛を襲う‘熱帯林にて’はどういうわけか縁がなかった。今はジャングル画をコンプリートしようと意気込んでいるので惜しいことをした。

カンディンスキー(1866~1944)の抽象画はポンピドーやグッゲンハイムにあるものほど高揚感はえられなかったが、具象的な要素が残る‘冬景色’の明るい色の組み合わせに大変魅了された。

|

« 美術館に乾杯! エルミタージュ美 その八 | トップページ | 美術館に乾杯! エルミタージュ美 その十 »

コメント

ドンゲンの『黒い帽子の女』は以前からネットで見て、とても惹かれていました。色彩は緑と黒、白など少数に抑えていながら、とても印象に残りますね。表情も想像をかきたてられます。

ピカソの『アプサン好きの女』は、最初に画集で見た時から指が異様に長く描かれているのが気になりました。青の時代の作品の中でも表現主義な傾向が強く感じられます。

カンディンスキーの作品は、おっしゃるように黄色と青、ピンクの明るい色が大変魅力的です!

投稿: ケンスケ | 2017.01.21 20:25

to ケンスケさん
ドンゲンの女性の絵は見損ねました。次はなんと
かリカバリーしたいですね。

ピカソの青の時代の作品はぐさっと心に刺さります。
この‘アプサン好きの女’タイプの絵はいろいろ
ヴァージョンがありますが、どれも強く印象に残り
ます。

投稿: いづつや | 2017.01.21 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/64772506

この記事へのトラックバック一覧です: 美術館に乾杯! エルミタージュ美 その九:

« 美術館に乾杯! エルミタージュ美 その八 | トップページ | 美術館に乾杯! エルミタージュ美 その十 »