« 祝 稀勢の里 初優勝 横綱昇進! | トップページ | 美術館に乾杯! ウィーン美術史美 その二 »

2017.01.23

美術館に乾杯! ウィーン美術史美 その一

Img     ラファエロの‘草原の聖母’(1506年)

Img_0001     ペルジーノの‘キリストの洗礼’(1500年)

Img_0002 コレッジョの‘ゼウスとイオ’(左)‘ガニュメデスの誘拐’(右)(1530年)

Img_0004     パルミジャニーノの‘弓を削るキューピッド’(1534年)
 

海外旅行の楽しい思い出も時が経つにつれてその記憶が薄れてくる。訪問した街が何度も出かけた街とはちがって回数が少ないと、ときどきアルバムなどをひっくり返してみていないと街の光景の印象がだんだん消えていく。

2003年に行ったウイーンの場合、観光名所の位置関係はもうすっかり忘れてしまったが、おもしろいことにハプスブルク家代々の珠玉の絵画コレクションがみられるウィーン美術史美の展示室の流れはまだアバウトに記憶している。

ここにある古典絵画で最も魅了されるのはラファエロ(1483~1520)の傑作‘草原の聖母’、ルーヴルにある‘美しき女庭師’、ウフィッツイにある‘ひわの聖母’とともにラファエロの聖母の定番。流石、ハプスブルク家の芸術を愛する心は高いところにある。

ラファエロの師匠ペルジーノ(1448~1523)の‘キリストの洗礼’も忘れられない一枚、このモチーフで描かれたものではウフィッツイにあるヴェロッキオの絵よりこちらのほうが川の流れが明快で人物描写がやさしい感じ。この女性的な雰囲気はラファエロに受け継がれていく。

コレッジョ(1489~1534)の‘ゼウスとイオ’を35年前はじめてみたときはドキッとした。裸婦の体を触っている得体のしれない物体は一体何なの?ギリシャ神話の話では雲に変身したゼウスが好きになったイオと浮気の真っ最中ということがわかったのはだいぶ後のこと。ゼウスは美女だけに関心があるのではなく可愛い男の子にもちょっかいをだす。なんと鷲に姿を変えてガニュメデスをさらっていく。

パルミジャニーノ(1503~1540)はこの美術館の自慢のコレクションのひとつ。4,5点みたがお気に入りは‘弓を削るキューピッド’、キューピッドのこちらに視線をむけるきりっとした目だけでなく、キューピッドの両足の間にふざけあっている二人のプットーを配置する構図が強く印象に残る。

|

« 祝 稀勢の里 初優勝 横綱昇進! | トップページ | 美術館に乾杯! ウィーン美術史美 その二 »

コメント

ウィーンの美術史美術館は、22年前に一度だけ行ったことがあり、懐かしい思い出です。16、17世紀のとりわけ素晴らしい名作が多いですが、建物内部も豪華ですね。

『草原の聖母』は、ラファエロ自身、傑作だと自負していたようです。それ以前のぺルジーノ風を脱却して、レオナルド風三角形構図を取り入れ、新境地に達したという意識があったのでしょうね。ただレオナルド的に謎めいたところはなく、清澄な画面は見ているだけで心が和みます。

ぺルジーノの『キリストの洗礼』は、柔和な人物像と色彩で、こちらも優しい気持ちになりますね。

一方、コレッジョの作品は官能的ですが、色彩はやはり柔和で、魅せられます。『ゼウスとイオ』は、ゼウスの顔が少年のように描かれているのが意外で、面白いです。

『弓を削るキューピッド』は、身体は引き伸ばされていますが、ふざけているプットーが愛らしくて、ほかのマニエリスムの作品ほど冷たく感じませんね。ウィーンにある作品の中では、『凸面鏡のある自画像』もとても惹かれます。

投稿: ケンスケ | 2017.01.26 21:01

to ケンスケさん
ラファエロの聖母は流石、ハプスブルク家のコレク
ションですね。とても惹かれます。コレッジョの絵
はゼウスの顔はすぐにはみつかりません、かなり
トリッキーな絵ですね。いかにもマニエリスム風
です。

パルミジャニーノはおっしゃるように‘凸面鏡に
ある自画像’も忘れられません。

投稿: いづつや | 2017.01.26 23:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/64801773

この記事へのトラックバック一覧です: 美術館に乾杯! ウィーン美術史美 その一:

« 祝 稀勢の里 初優勝 横綱昇進! | トップページ | 美術館に乾杯! ウィーン美術史美 その二 »