« 2016年 感動の西洋絵画 ベスト10! | トップページ | 鎌倉で‘松本竣介展’! »

2016.12.15

2016年 感動の西洋絵画 ベスト10!

Img_0001   カサットの‘果実をとろうとする子ども’(1893年 ヴァージニア美)

Img  ダリの‘ラファエロの聖母の最高速度’(1954年 ソフィアセンター)

Img_0002   ゴーギャンンの‘タヒチの3人’(1899年 スコットランド国立美)

Img_0003    クラーナハの‘正義の寓意’(1537年)

今年心に響いた西洋絵画、残りは4点。ヨーロッパの美術館ばかり回っていると、古典画でも印象派などの近代絵画でも関心の対象がダ・ヴィンチとかモネ、ゴッホといった日本でよく知られた画家ばかりにむかうことになる。

こうした鑑賞態度はある時期まで続いた。それが2008年からアメリカの美術館を本格的にめぐるようになって、画家に対する見方がすこし変化した。例えば、馴染みの画家でいうとロートレックの油彩の傑作がシカゴやワシントンナショナルギャラリーなどのブランド美術館にたくさんあることに気づいたこと。

そして、名前は知っていてもお目にかかった作品が少なかったアメリカ人画家におおいに開眼したことも大きな収穫だった。印象派の女流画家カサット(1844~1926)のその一人、どこへ行ってもだいたい飾ってあったが、とくにいい絵がいくつもあったというイメージが強いのはフィラデルフィア美、横浜美の回顧展(6/25~9/11)に出品された‘母の愛撫’は3年前にはじめてここを訪れたとき思わず足がとまった作品。

今回母子像がたくさん登場したが、もっとも惹かれたのが‘果実をとろうとする子ども’、構図でおもしろいのがお母さんの片方の目が幼児の頭に隠れてみえないこと。目をあえて一つにしてみる者の視線を主役の赤子と果物にむかわせようとしているのだろう。

久しぶりに数多くの作品が結集したダリ(1904~1989)、展覧会(9/14~12/12 国立新美)自体の満足度はすでにみているものが多かったので高くはないが、どうしてもベスト10に入れたかったものがある。それは原子の構造や素粒子に高い関心を抱いていたダリがラファエロの聖母子像と組み合わせて描いた作品。絵のタイトルに‘最高速度’というサイエンスの匂いがぷんぷんする言葉をつけるのだからダリは相当新しい物理学にのめりこんでいる。

東京都美で開催された‘ゴッホとゴーギャン展’(10/8~12/18)、ゴッホは追っかけのステージが400メートル走でいうと最後の50mのところにきたので今の鑑賞スタイルはいたってリラックスモード、体が向かうのはゴーギャン(1848~1903)のほう。大きな収穫はスコットランド国立美からやって来てくれた‘タヒチの3人’。東京都美への好感度がまたアップした。

締めくくりの西洋絵画はドイツの巨匠クラーナハ(1472~1553)の回顧展(10/15~1/15)、カラヴァッジョ展に比べると衝撃度は弱いが、数点ぐっとくるものがあった。そのなかで息を呑んでみていたのが‘正義の寓意’。これは忘れられない一枚。また、愛嬌があり元気のいい女性がでてくる‘ロトとその娘たち’もニヤニヤしながらみていた。

|

« 2016年 感動の西洋絵画 ベスト10! | トップページ | 鎌倉で‘松本竣介展’! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016年 感動の西洋絵画 ベスト10!:

« 2016年 感動の西洋絵画 ベスト10! | トップページ | 鎌倉で‘松本竣介展’! »