« 茶入の名品! | トップページ | ‘禅展’で想定外の池大雅と遭遇! »

2016.11.20

今、東京で国宝の名碗が三つみれる!

Img      国宝‘玳玻天目’(南宋時代・12世紀 相国寺)

Img_0001   国宝‘油滴天目’(南宋時代・12~13世紀 大阪市立東洋陶磁美)

Img_0002    ‘色絵丸文台皿’(17世紀中期 静嘉堂文庫)

Img_0003     ‘色絵鶴亀甲松竹梅文菊花形大鉢’(18~19世紀)

国宝に指定されている名碗は八つある。やきもの好きな方はすぐ思い浮かぶだろうが、今東京でその三つが展示されている。東博で開催中の‘禅展’に出品されているのが唐物の‘玻玳天目’と‘油滴天目’、展示は残り一週間、11/27までだからみてない人は急いだほうがいい。

もう一碗は静嘉堂文庫の‘漆芸名品展’(12/11まで)に飾られているご存じ‘曜変天目’(南宋時代12~13時代)、こちらは会期終了まででている。で、この一週間に東博と静嘉堂文庫をはしごするとすばらしい茶碗と三つお目にかかれる。もっというと‘禅展’には結構な数のやきものがでており、静嘉堂でもいい茶入や天目が並んでいるので二つの美術館をまわると立派なやきもの展が体験できるといういいめぐり合わせになっている。

さらに、静嘉堂のやきものにはとっておきの情報がある。それは展示室の前のホールのところに飾ってある二つの色絵磁器、モダンすぎる色の組み合わせにハットなる‘色絵丸文台皿’と金襴手様式の鉢では最高の出来栄えの‘色絵鶴亀甲松竹梅文菊花形大鉢’。12/11まで展示されている。

幸運な鑑賞が実現したのはここで2008年に行われた‘岩崎家の古伊万里ー華麗なる色絵磁器の世界’、想像以上に一点々の質が高く、流石、岩崎家のコレクションという感じだった。そのなかで最も魅了されたのがこの二つ。立ち尽くしてみていた。8年ぶりに再会したことを腹の底から喜んでいる。

|

« 茶入の名品! | トップページ | ‘禅展’で想定外の池大雅と遭遇! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今、東京で国宝の名碗が三つみれる!:

« 茶入の名品! | トップページ | ‘禅展’で想定外の池大雅と遭遇! »