« 美術館に乾杯! ナショナルギャラリー その二 | トップページ | 待望の‘小田野直武と秋田蘭画’! »

2016.11.30

美術館に乾杯! ナショナルギャラリー その三

Img     マンテーニャの‘ゲッセマネの園の苦悩’(1460年)

Img_0001     ティツイアーノの‘バッカスとアリアドネ’(1520~23年)

Img_0003     ティントレットの‘天の川の由来’(1580年)

Img_0002    ヴェロネーゼの‘愛の寓意 Ⅱ侮蔑’(1570年代)

日本で海外のブランド美術館のコレクションが度々開催されるが、北イタリア生まれのマンテーニャ(1431~1506)にお目にかかった記憶がない。代表作がある美術館ですぐ思いつくのはルーヴルとナショナルギャラリー、見る機会が限られている分一度目のなかにはいったものは強く印象付けられている。

‘ゲッセマネの園の苦悩’はこの絵の主役はキリストや眠っている弟子たちではなくこの舞台をつくっている岩の塊ではないかと思ったりもする。手前の岩が何層にも重なるフォルムはインパクトがあり、後ろのほうにもとんがり帽子のような岩山が連なっている。BSプレミアムの‘体感!グレートネイチャー’にでてくる地球絶景がふと頭をよぎる。

ヴェネツィア派の作品を多く所蔵しているのはもちろん本家のアカデミア美、ほかでいいのが揃っているのはルーヴル、プラド、そしてナショナルギャラリー、もうひとつあげるならミラノのブレラ美。ナショナルギャラリーで数が多いのがティツイアーノ(1506~1576)、傑作ぞろいだがキリスト物語でもギリシャ神話でも人物描写に動きがあるものが多い。

‘バッカスとアリアドネ’はバッカスの風になびく赤いケープが目に焼きついている。おもしろいのは劇的に出会ったアリアドネとバッカスの間にヒョウがいること。ヒョウやチーターは獰猛な動物というイメージがあるからドキッとする。

動きのある絵画構成で目を楽しませてくれるのがティントレット(1518~1594)、‘天の川の由来’はお気に入りの一枚。今は宇宙論に200%のめりこんでいるから、こういう絵には敏感に反応する。赤ん坊のヘラクレスが本当のお母さんでもないゼウスの妻ヘラのお乳をあまりに一生懸命飲むものだからその乳は天空に飛び散ってしまった。天の川がこうしてできた。

ヴェロネーゼ(1528~1588)というとルーヴルの大きな絵が有名だからヴェネツィア以外ではルーヴルが一番いいものをもっていると思いがちだが、ナショナルギャラリーのほうが作品郡としては充実しているというのが正直なところ。4点ある‘愛の寓意’や‘アレクサンドロス大王の前のダレイオスの家族’などが飾ってある部屋は圧巻!

|

« 美術館に乾杯! ナショナルギャラリー その二 | トップページ | 待望の‘小田野直武と秋田蘭画’! »

コメント

彫塑的なマンテーニャは別として、ご紹介のヴェネツィア派作品からは、肉感的な官能性が横溢していますね。クリスチャンだった、当時のヨーロッパの王侯貴族たちは、きっと頭がくらくらしたのでしょう。(笑)

『バッカスとアリアドネ』は、人物の複雑で凝った姿態にティツィアーノの画家としての腕前が発揮されていますね。陽気な喧噪も聞こえてくるようです。

ティントレットは大作の宗教画も迫力がありますが、『天の川の起源』は楽しいエンターテインメント性豊かな作品ですね。いづつやさん同様、私にとっても、ずっとお気に入りです!

投稿: ケンスケ | 2016.12.01 21:05

to ケンスケさん
ヴェネツィア派の描き方はとりあげたモチーフや
物語を動きのある構図とメリハリの効いた強い色調
で生き生きと表現してますね。

フィレンツェルネサンスとはちがい画面に活気が
あるのが大きな魅力です。そんな特徴がナショナル
ギャラリーの名画のなかによくでていると思います。

投稿: いづつや | 2016.12.02 01:34

マンテーニアを訪ねてマントヴァまで行った事があります・・・。感動のマントヴァでした。
(列車でクレモナを通過してしまいました。ちょっと 立ち寄ればよかったわ。)
パドヴァにはしっかり行きました。

投稿: Baroque | 2016.12.02 20:24

to Baroqueさん
マントヴァ、パドヴァは何とか行きたいのですが、
マンテーニャとジョットをみないとルネサンスは
済みになりません。

すでに出かけられたのではないかと想像してまし
たが、羨ましいですね。

投稿: いづつや | 2016.12.03 00:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/64565710

この記事へのトラックバック一覧です: 美術館に乾杯! ナショナルギャラリー その三:

« 美術館に乾杯! ナショナルギャラリー その二 | トップページ | 待望の‘小田野直武と秋田蘭画’! »