« 近代日本美術の煌き! 2014年(平成26) | トップページ | 来春、京博で‘海北友松展’! »

2016.11.15

近代日本美術の煌き! 2015年(平成27)

Img_0002     村上隆の‘見返り、来迎図’

Img     中根総子の‘薩摩切子’

Img_0001     北村辰夫の‘菊蒔絵貝桶一式’

美術館へ出かける回数は年に40から50回の間に落ち着いてきており10年くらい前と比べるとかなり減っているのに、1年前どの美術館でどんな展覧会をみたかがすぐには思い出せなくなっている。だが、関心の高かったものはかろうじて記憶が戻ってくる。

昨年の今頃足を運んだのは村上隆(1962~)の‘五百羅漢図展’(森美術館)、ときどきよくできた図録をみて村上隆のもっている創作パワーの大きさに感心させられている。今はどんな作品に取り組んでいるのだろうか、展示室の最後のほうに飾ってあった‘見返り、来迎図’は注記にまだ手を加えていると書かれていたが、もう完成しただろう。この作品のタイトルがおもしろい、菱川師宣の‘見返り美人’をもじって、菩薩さんは後ろを振り返りながら来迎している。

薩摩切子はこれまで数回みる機会があった。感動のはじまりは鹿児島市の尚古集成館を訪問したこと。このときぼかしが幻想的な表情をみせる赤や青のすばらしいカットクラスのとりこになった。そのあと、またチャンスがめぐってきた。2009年、サントリー美で開催された‘まぼろしの薩摩切子’、もう痺れっぱなしだった。

今、薩摩切子は伝統の技が受け継がれ現代的な感覚からもすっと入っていける魅力的な作品が次々と生まれている。その中心的な人物が昭和61年(1986)に薩摩切子を復活させた中根総子。この青の作品は複雑に絡み合う曲線と緻密なカットにより表現された優雅できりっとしまった造形が心を揺すぶる。

昨年の夏、Eテレで紹介された漆芸家北村辰夫(1952~)。腕のいい職人を束ねてつくりあげた‘菊蒔絵貝桶一式’、今は注文したオーストラリアのコレクターのもとにおさまっている。本物をみたかったが、北村の作品の大半は個人コレクターの所蔵だから逆立ちしても無理。こういう作品はコレクターアイテムだから仕方がない。

これで昨年から1年4ヶ月続けてきた‘近代日本美術の煌き!’は終了。楽しんでいただけたでしょうか。

|

« 近代日本美術の煌き! 2014年(平成26) | トップページ | 来春、京博で‘海北友松展’! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近代日本美術の煌き! 2015年(平成27):

« 近代日本美術の煌き! 2014年(平成26) | トップページ | 来春、京博で‘海北友松展’! »