« 川村記念美の‘レオナール・フジタとモデルたち’! | トップページ | 近代日本美術の煌き! 2002年(平成14) »

2016.10.27

幸食堂のエビフライ定食!

Img      特大のエビフライ定食

Img_0001   JR佐倉駅(北口)の近くにある人気店 ‘幸食堂’

久しぶりに訪問した川村記念美、今回の遠征では藤田嗣治展をみるだけでなくもうひとつ楽しみがあった。それはJR佐倉駅の近くにある人気店‘幸(サチ)食堂’で美味しいエビフライを食べること。

ちょうどいい時間帯に佐倉駅に到着したので美術館行きのバスの出発時間を確認して反対側の北口からお店に向かった。道順としては駅前の道をまっすぐ進み最初の交差点を右に曲がるとほんの5分ほどで着く。前回入ったときから7年位経っているので場所があやふやだったが、記憶はまだ狂ってなかった。店の外観はぱっとしないが、こういう店が美味しいものを食べさせてくれるのはよくあること。昼の営業は11:30~14:00。

お目当てのエビフライ定食をいただくのは3度目。相変わらず大きなエビフライが2つ。そしてご飯もポテトサラダもレタス、キャベツもボリュームがある。お値段は2000円。こんなお値打ちの定食にはなかなかありつけないから、食べたあとは幸せな気持ちになる。

人気店のためお客はひっきりなしにやって来る。また、芸能人やスポーツ選手も来ているようで店内には写真やサインがたくさん飾ってある。席はカウンターと座敷があるので一人でないときは座敷でゆったり食べられる。メニューをみるとジャンボサイズのエビフライというのがあった。値段は3500円。次はこれに挑戦してみようかなとも思っている。

今年は栗饅頭とここのエビフライにありつけた。食欲の秋を満喫している。

|

« 川村記念美の‘レオナール・フジタとモデルたち’! | トップページ | 近代日本美術の煌き! 2002年(平成14) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幸食堂のエビフライ定食!:

« 川村記念美の‘レオナール・フジタとモデルたち’! | トップページ | 近代日本美術の煌き! 2002年(平成14) »