« 近代日本美術の煌き! 1975年(昭和50) | トップページ | 近代日本美術の煌き! 1976年(昭和51) その一 »

2016.09.06

大リーグ 終盤 PSに進出するのはどのチーム!

Img     ダイアモンドバックス戦に好投し14勝目をあげたマエケン

Img_0001

ドジャースのマエケンは今日のダイアモンドバックス戦に先発し三振8つ失点1と好投し14勝目をあげた。ドジャースはこの勝利で西地区2位のジャイアンツに4ゲームの差をつけた。このまま地区優勝にむけて突っ走りそうな感じになってきた。

レギュラーシーズンは残り25試合くらい、あと一ヶ月でポストシーズンへ進出するチームが決まる。ア・ナリーグで地区別にみて優勝がほぼ間違いないのはレンジャーズ(ア西地区)、ナショナルズ(ナ東地区)、カブス(ナ中地区)、激戦地区はアリーグの東地区、現在ブリュージェイス、Rソックス、オリオールズは2ゲーム差で首位を争っている。

今日から戦列に復帰した上原と田沢のいるRソックスが優勝することを願っているが、最後の最後までもつれそう。キツイ戦いだろうが脱落しなければ優勝を逃したとしても2枚あるワイルドカード(WC)をこの地区で独占するかもしれない。

今首位にいるチームがそのまま首位をキープしそうなのがアリーグ中地区のインディアンスとマエケンのいるドジャース、インディアンスの監督は名将フランコーナ、松坂が移籍したRソックスがワールドシリーズを制覇したとき監督、めぐってきた優勝のチャンスを逃すことはないだろう。そして、2位につけているタイガースはWCを手に入れる可能性は十分にある。

ナリーグのWC争いはジャイアンツと東地区のメッツになりそう。イチローのいるマーリンズ(東地区)はスタントンのケガなどで得点力が低下しこのところ黒星続き、残念だがジ・エンド。

|

« 近代日本美術の煌き! 1975年(昭和50) | トップページ | 近代日本美術の煌き! 1976年(昭和51) その一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大リーグ 終盤 PSに進出するのはどのチーム!:

« 近代日本美術の煌き! 1975年(昭和50) | トップページ | 近代日本美術の煌き! 1976年(昭和51) その一 »