« 近代日本美術の煌き! 1984年(昭和59) その一 | トップページ | 近代日本美術の煌き! 1984年(昭和59) その二 »

2016.09.25

祝 豪栄道 初優勝を全勝で飾る!

Img     琴奨菊を押し出しで破り初優勝を全勝でなしとげた豪栄道

Img_0001

今場所はカド番だった大関豪栄道が千秋楽も琴奨菊を撃破し初優勝を全勝で飾った。拍手々!何度もカド番をむかえ大関としての相撲がとれてなかった豪栄道、場所前に何があったのかわからないが、星をかさねるごとに相撲がよくなり、なんと15日全部勝ってしまった。こんなことがあるから大相撲はやめられない。

豪栄道の相撲というと相手力士に押し込まれるとすぐはたき体勢を悪くして敗けるというパターンが多い。また、苦しまぎれにだす首投げで勝ちをひろうこともよくある。今場所はそんな取り口がまったくなく徹底して前にでて勝負をつけた。突っ張り合いでも我慢し引き技をださず右をさし体を密着して寄っていった。

13日の日馬富士との大一番では、いい立会いをした日馬富士に敗けそうになったが切れ味抜群の首投げで逆転勝ちした。得意技が役だった。これには日馬富士も苦笑い、‘豪栄道 強いわ!’という顔をしていた。勝った豪栄道は顔を真っ赤にして仁王立ち。これぞ大相撲という一番だった。

さて、来場所は綱取りの場所、この相撲なら連続優勝があるかもしれない。豪栄道は大関にあがるときもそうだったが、目標があると気合いが一段と入り後半戦にいい相撲をとる。

スポーツ選手がいいプレイをするときは集中力をぎりぎりまで高め余計なことに気をとられない状態、ゾーン状態にあるというが、怪我が治った豪栄道は15日間ゾーンで相撲をとった。来場所も一番々に集中し自分の相撲をとり続けたら綱がみえてくる。がんばれ!豪栄道。

|

« 近代日本美術の煌き! 1984年(昭和59) その一 | トップページ | 近代日本美術の煌き! 1984年(昭和59) その二 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝 豪栄道 初優勝を全勝で飾る!:

« 近代日本美術の煌き! 1984年(昭和59) その一 | トップページ | 近代日本美術の煌き! 1984年(昭和59) その二 »