« 待望の‘カサット展’! | トップページ | 予想以上に内容の濃い‘古代ギリシャ展’! »

2016.08.23

国立新美でティツィアーノの‘受胎告知’をみた!

Img_0001 ティツィアーノの‘受胎告知’(1565年 サン・サルヴァドール聖堂)

Img  ドメニコ・ティントレットの‘キリストの復活’(1590年 アカデミア美)

Img_0004    ベッリーニの‘聖母子’(1490年 アカデミア美)

Img_0002  カルパッチョの‘聖母マリアのエリサベト訪問’(1508年 アカデミア美)

イタリアのヴェネツィアには有名な美術館が2つある。ジョルジョーネやティツイアーノやティントレットらの傑作がずらっと並ぶアカデミア美と現近代アートのいい絵を楽しめるグッゲンハイム美。幸運なことにそれぞれ2回訪問したので、国立新美でアカデミア美名品展が行われるという情報が入ったときはこれはすごい!と思った。

今回の‘アカデミア美所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち’(7/13~10/10)は館蔵品に加えビッグなオマケがついている。それはサン・サルヴァドール聖堂にあるティツイアーノ(1485~1576)の大作‘受胎告知’。この絵は次のヴェネツィア旅行でターゲットにしていた作品、だからみるのを楽しみにしていた。この受胎告知はほかとくらべ大天使ガブリエル、聖母マリアともに動きのある人物描写が特徴。マリアの手を上にあげるポーズからは‘ええー、私身ごもったのー!?’という戸惑いの感情が伝わってくる。強く印象に残る受胎告知だった。

お目当てのティツイアーノをみたのであとはさらさらとみた。収穫はティントレットの息子の‘キリストの復活’この奥行きを感じさせる構図は2ヶ月前プラドでみたち父の‘使徒の足を洗うキリスト’を思い出させる。場面を広くみせる技は父親同様に天才的。

入ってすぐのところにあったカルパッチョ(1460~1526)の‘聖母マリアのエリサベ訪問’も嬉しい絵。アカデミア美にある作品でカルパッチョに開眼したので、今回再会できることを楽しみにしていたがこの1点しかなかった。明快な色彩と人物を巧みに配置する構成の上手さに感心しながらみていた。

ベッリーニ(1434~1516)もアカデミア美の目玉、今回やって来たのはチラシに使われている‘聖母子’、はじめてみたとき赤一色で塗られた顔と羽だけの智天使の姿にギョッとした。そのため、上のほうに気をとられ聖母子の印象が薄いなる。このように脇役が主役を食ってしまう絵にときどきでくわす。

|

« 待望の‘カサット展’! | トップページ | 予想以上に内容の濃い‘古代ギリシャ展’! »

コメント

ウェネツィアには二度行ったことがあるのですが、サン・サルヴァドール聖堂の『受胎告知』は見ていなかったので期待していました。

実作品は圧巻でした!晩年の作品は、筆さばきが闊達で、光の描写も幻想感溢れるもので、迫力がありますね。

『キリストの復活』は、全景が大きくクローズアップされながら、中景が実際より小さく描かれている感じで、ティントレットらしい遠近法の錯覚を感じてしまいます。寒色でまとめられた色彩の中で、青が鮮やかですね。

ベッリーニは、聖母子画が一番ですね。親密な聖母子の描写は、ヴェネツィアのボッティチェリかラファエロと言えるのではないでしょうか。

投稿: ケンスケ | 2016.08.24 22:10

to ケンスケさん
‘受胎告知’がみれたのは幸運でした。ベッリーニが
一枚だけだったのが残念ですが、人気のある画家です
から何点も出したくないのでしょうね。綺麗でくっき
りしたリアルさがある聖母子像には大きな魅力を感じ
ます。

投稿: いづつや | 2016.08.25 01:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国立新美でティツィアーノの‘受胎告知’をみた!:

« 待望の‘カサット展’! | トップページ | 予想以上に内容の濃い‘古代ギリシャ展’! »