« 近代日本美術の煌き! 1971年(昭和46) その二 | トップページ | 近代日本美術の煌き! 1972年(昭和47) その二 »

2016.08.31

近代日本美術の煌き! 1972年(昭和47) その一

Img_0001     奥村土牛の‘醍醐’(山種美)

Img     麻田鷹司の‘天橋雪後図’(何必館・京都現美)

Img_0003     山口華楊の‘深秋’(足立美)

京都の醍醐寺はこれまで2度出かけた。みどころはなんといって国宝の五重塔、そしてもうひとつ有名なのが枝垂れ桜、でも観光シーズン真っただ中の春や秋の京都は避けているので実際の花見はまだ縁がない。それなのに奥村土牛(1889~1990)の‘醍醐’をよくみているせいでこの桜が身近に感じられるから不思議。

牛牛は桜の光景に心が和んだようで吉野の桜も描いている。名古屋にいたときこの桜がみたくて電車で出かけた。満開の時期よりすこし早かったが、ここが日本一の桜の名所だということが実感できた。一生の思い出。

天橋立の絵というと雪舟と川端龍子がすぐ頭に浮かぶが、もう一点いいのがある。麻田鷹司(1928~1987)が描いた‘天橋雪後図’、とても現代感覚にあふれる天橋立で雪の降った光景は深い寂寥感がただよい日本海のイメージとぴったりあう。

山口華楊(1899~1984)は動物画の名手、だが鷹や獅子といった勇ましい肉食系は登場せず、いたってやさしい牛や鹿や狐などが個性的に描かれる。その姿をじっとみていると内面がつかめるような気がしてくるが、これはまわりの場が背景として上手く溶けこんでおりモチーフが象徴的に浮き上がってくるから。

|

« 近代日本美術の煌き! 1971年(昭和46) その二 | トップページ | 近代日本美術の煌き! 1972年(昭和47) その二 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近代日本美術の煌き! 1972年(昭和47) その一:

« 近代日本美術の煌き! 1971年(昭和46) その二 | トップページ | 近代日本美術の煌き! 1972年(昭和47) その二 »