« 近代日本美術の煌き! 1967年(昭和42) その二 | トップページ | 近代日本美術の煌き! 1968年(昭和43) その二 »

2016.08.04

近代日本美術の煌き! 1968年(昭和43) その一

Img_0004     東山魁夷の‘年暮る’(山種美)

Img_0002    横山操の‘越後十景 親不知夜雨’(山種美)

Img_0001     加山又造の‘天の川’(右隻)

Img     吉田善彦の‘大和四題’(山種美)

東山魁夷(1908~1999)の作品は隙のない風景画というイメージが強い。日曜画家が得意とする風景画と較べると静けさの深さがちがう。でも、こういう作品ばかりではない。緊張しないで絵に入れて心にジーンとしみるものもある。

そのなかでいつみてもいいなと思うのが‘年暮る’、この絵は与謝蕪村の国宝‘夜色楼台図’の現代版、いずれ重文に措定されるだろう。大みそかに雪が降るという設定がなんともいい。人々は雪の情景につつまれてもうすぐやって来る新年を静かに待っている。これほど日本人の琴線にふれる絵はそうはない。

横山操(1920~1973)の‘越後十景 親不知夜雨’をみるとNHKの昔の旅番組‘新日本紀行’が思い出され、テーマ音楽が聴こえてくるよう。広島に住んでいたときよく鳥取へ出張し日本海沿いをクルマで走った。だから、この絵に描かれているような厳しい日本海を肌で実感している。

横山操とうまがあった加山又造(1927~2004)はこの頃、琳派風の作品にのめりこんでいた。‘天の川’もすばらしい一枚。このところ宇宙の話に夢中なので天の川は銀河系というほうがしっくりいくようになった。切金で表現された天の川はまさに天空の神秘。この絵に魅了され続けているのはもやっと描かれた天の川と装飾的に図案化された地上に咲く桔梗や女郎花が柔らかくとけあっているところ。毎日ながめていれば軽く生きられる。

吉田善彦(1912~2001)の作品をみたのは数回しかない。昨年世田谷美であった‘速水御舟展’で久しぶりに4,5点みた。‘大和四題’は代表作で‘昭和の日本画100選’(1989年)にも選ばれている。霞がかかったような表現は奈良の風景にはぴったりかもしれない。

|

« 近代日本美術の煌き! 1967年(昭和42) その二 | トップページ | 近代日本美術の煌き! 1968年(昭和43) その二 »

コメント

先日、山種美術館に行ってきました。展示作品数が少ないので、いづつやさんは行かないと以前おっしゃっていましたが、山種は粒ぞろいの作品がありますね。

今年は山種美術館の50周年とかで、その記念で刊行された『近代日本画名品選100』を買ってきました。その中にも、もちろん入っている東山魁夷の『年暮る』は、以前から私のお気にいり作品です。

加山又造の『天の川』はシンプルな構図ながら、力強い作品で、色彩も素晴らしいですね。『春秋波濤』に次ぎ、加山作品の中で2番目に好きです。

投稿: ケンスケ | 2016.08.05 21:09

to ケンスケさん
山種美の作品はほとんどみましたから今のような
高い料金を払ってみる気がしません。ほかの美術館
の作品はちょっとしかもってこずほとんど所蔵作品
なのに高い料金でみせるセレブ目線にはあきれます。

又造の‘天の川’は個人がもってますね、うらやま
しいかぎりです。

投稿: いづつや | 2016.08.06 00:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/64008695

この記事へのトラックバック一覧です: 近代日本美術の煌き! 1968年(昭和43) その一:

« 近代日本美術の煌き! 1967年(昭和42) その二 | トップページ | 近代日本美術の煌き! 1968年(昭和43) その二 »