« ビッグニュース!ミュシャの‘スラブ叙事詩’が来春やって来る | トップページ | 近代日本美術の煌き! 1970年(昭和45) その一 »

2016.08.26

大躍進 リオ五輪!

Img_0005

リオ五輪が終了し徐々に睡眠不足が解消されてきたが、連日のメダル獲得で感動の高まりが大きかったので今はちょっとしたオリンピックロスに陥っている。

小さいころからオリンピックのTV放送は釘付けになってみている。好きな競技は体操、柔道、水泳、そしてマラソン。昔は中学校のとき部活でやっていたバレーを夢中になってみていたが、今は弱いからほとんどみない。今回俄然興味がわいてきたのが男女合わせて3つのメダルを獲得した卓球と女子のダブルスで金メダルをとったバドミントン。

卓球で注目の選手は男子の水谷準と女子の15歳の伊藤美誠ちゃん、水谷のプレーはロンドン大会でもみているが、今回これほど強くなっているとは思わなかった。シングルス準決勝で王者の中国選手に敗れたが2セットとったのだから今は相当強い。二人が激しく打ち合うハイレベルのラリーは圧巻だった。

15歳の美誠ちゃんの卓球ははじめてみたが、すぐものがちがうなと思った。エースの石川佳純ちゃんは近いうちに追いつかれそうな気がする。おもしろいのは美誠ちゃんはポイントをとっても声を出したりガッツポーズをしないこと。これは頼もしい。

卓球関係者やTVの解説者の話から若手にもすごい選手がいることがわかった。まだ13歳の張本智和君というのは天才らしい。東京五輪のメンバーに選ばれる可能性があるというのだからすごい。16歳の平野美宇ちゃんは美誠ちゃんと同級生コンビで話題になった選手だから名前だけは知っている。リザーブとして3人と一緒ぬ行動していたようだ。これから卓球はすごく盛り上がるはず。日本選手権大会をのぞいてみようかという気になっている。

日本が獲得した金メダルは12個、その3分の1の4個が女子レスリングによってもたらされたもの。はじめから優位に戦かった川井選手をのぞく、登板、伊調、土性の3選手はいずれもきわどい逆転で勝った。だから、大きな感動をもたらした。

だが、一方でレスリングという競技そのものはあまりおもしろくないなとも思った。6分間戦ってポイントがはいる技はタックルを決めてバックをとること。柔道の一本勝ちにあたるフォールはなかなか決まらない。男子の場合は腕力で相手を強引にひっくり返したりするが、女子にはそんな力はない。とにかく後ろをとったら勝ちという印象が強くダイナミックさに欠ける。レスリングを競技から外そうという動きがでてきたのはよくわかる。

|

« ビッグニュース!ミュシャの‘スラブ叙事詩’が来春やって来る | トップページ | 近代日本美術の煌き! 1970年(昭和45) その一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大躍進 リオ五輪!:

« ビッグニュース!ミュシャの‘スラブ叙事詩’が来春やって来る | トップページ | 近代日本美術の煌き! 1970年(昭和45) その一 »