« タラゴナの水道橋の上を歩いた! | トップページ | 心を奪われるアルハンブラ宮殿の鍾乳石装飾! »

2016.06.13

こだわりのマサパン!

Img      トレドの名物お菓子 ‘マサパン’

Img_0001       スペイン風オムレツ ‘トルティージャ’

Img_0002      朝食の揚げ菓子 ‘チュロス’

Img_0003     タパス ‘魚介類のフライの盛り合わせ’

旅行の楽しみのひとつが食べ物、スペインツアーの夕食にでてくる定番料理はなんといってもパエリャ、初日のバレンシアでこのサフランで黄色く色づけされた名物料理にありついた。炊き込みご飯にのっている具は前回は鶏だったが、今回はシーフード、このほうが食欲をそそる。日本のご飯とちがってちょっと芯がある感じだから、熱いうちに食べないと口にスムーズにはいらなくなる。

ホテルの朝食は毎日だいたい同じようなメニューが並ぶ、今回はいつも美味しいクロワッサンがあったのでご機嫌だった、ジャムの種類もイチゴやマーマレードなど揃っているのも好感がもてる。フランスパンやクロワッサンのほかに甘そうな菓子パンがいろいろあるのはアメリカでもスペインでも同じ。でも、朝からこういう口の中が砂糖だらけになるのはパス。

何日目かしてスペインの朝食の定番であるチュロスがでてきた。このスティックポテトのような揚げ菓子はチョコラーテ(ホットチョコレート)につけて食べるのがスペイン流、チョコレートがみるからに甘そうなのでチョコレートをつけないで食べた。これがなかなか美味しい。ちょっと甘くサクサクした食感、2,3本はすぐいく。

飲み物ははじめにまずミルクとオレンジジュースを一気に飲みほす。そのあとコーヒー。家にいるときはモーニングコーヒーを飲む習慣がないが、海外旅行にいったときはどういうわけは朝からでもコーヒーの重さが気にならない。だから、コーヒー好きの隣の方に同調して2杯も飲んでしまう。

スペイン料理にもオムレツのようなものがある。朝、2回くらいでていたのがジャガイモをふんだんに使い低温でたっぷり塗ったオリーブオイルでゆでたトルティージャ、

アンダルシアに入り昼食にでてきたメニューでダメなものがあった。それは名物のトマトベースの冷たい野菜スープ、ガスパッチョ、まわりは美味しいという人が多かったが苦みのある味がどうも合わない。前も一口食べてスプーンを置いたことを思い出した。

スペイン人が毎日行っているバル(立ち飲み居酒屋)で食事をする機会が二度あった。メニューには様々なタパス(小皿料理)が載っており、ついあれもこれもつまみたくなる。お気に入りはフライにしたイカやエビなどの盛り合わせ、レモン汁をかけて美味しくいただいた。

最後にタイトルのマサパン、トレドの名物お菓子のマサパンは2011年のときわが家では大いに盛り上がった、またお土産として配った人にも喜ばれた。だから、今回も購入することをはじめから決めていた。これはアーモンドの粉をハチミツと砂糖で練ったもの。元々ギリシャ周辺でつくられたお菓子でイスラム諸国にも伝わり、さらに8世紀ころスペインにも持ち込まれた。日本の饅頭のようなもちもちした食感にすぐニコニコ顔になった。

|

« タラゴナの水道橋の上を歩いた! | トップページ | 心を奪われるアルハンブラ宮殿の鍾乳石装飾! »

コメント

マサパンは、34年前(!)、トレドで一度食べたことがあります。スペインに関する本でトレド名物と紹介してあったので、興味があったんです。おっしゃるように練り菓子をも思わせるもっちりした食感を覚えています。

チューロスは、スペインのチョコラ―テにつけて食べました。甘すぎるので、いづつやさんのように、そのままの方がおいしいかもしれませんね。

バールでタパスは、いろいろ食べました。イカのフライはおいしかったのですが、おなかを壊してしまったことがあります。トルテーリャや魚介のパエリャは、おいしいですね!

投稿: ケンスケ | 2016.06.14 21:00

to ケンスケさん
5年前と同様、ラ・マンチヤとマドリッドの間にある
高速道路のサービスステーションでマサパンをどさ
っと買いました。スペインのお菓子の定番になり
そうです。

チュロスのチョコレートづけは今はヘビーですね。
ケンスケさんはアメリカに住んでおられたのでよく
ご存知でしょうが、彼らは朝食から菓子パンを食
べますね。太るはずです。スペイン人は太ってい
ませんが、菓子パンがならんでいました。

今日本でもバルができているそうですね。一度行っ
てみたいです。

投稿: いづつや | 2016.06.15 00:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こだわりのマサパン!:

« タラゴナの水道橋の上を歩いた! | トップページ | 心を奪われるアルハンブラ宮殿の鍾乳石装飾! »