« 期待のコルドバのメスキータ! | トップページ | 待望のブリューゲルの‘聖マルティンのワイン祭り’と対面! »

2016.06.16

マドリッドのお楽しみ プラド美術館!

Img

Img_0001     フラ・アンジェリコの‘ザクロの聖母’(15世紀)

Img_0002     ダ・ヴィンチの‘モナリザ’の模写

Img_0003     ルイーニの‘聖家族’(16世紀)

Img_0004     メッシーナの‘天使に支えられる死せるキリスト’(1476年)

今年のはじめはスペインを旅行することは思ってもいなかった。それがまた出かけることになったのは没後500年となるボスの大回顧展がプラド美で行われることをケンスケさんから教えてもらったから。

そしてプラド美を再訪することを決めて気分がぐっと盛り上がっているところへまたまた楽しい話がとびこんできた。これもケンスケさんの情報で6/12までラ・トウール展もやっていることがわかった。この嬉しさといったらまさに盆と正月が一緒に来たようなもの。正月にひいたおみくじが大吉だったのはこのことだったのか、と思った。

ツアーの最終日はマドリッド観光、午前中スペイン広場、王宮、プラド美をみて午後は自由行動、われわれにとってこの行程は願ったりかなったり。朝から自由行動にして観光がはじまるスペイ広場で皆さんとお別れしてタクシーでプラド美へむかった。

プラド美が開くのは10時5分。まだ開館まで50分あるが、すでに30人くらい並んでいた。ボス展がスタートしたのは5/31で6/5は展覧会がはじまって最初の日曜日、だからどっと人が押し寄せると読んで早くから出動することを決めていた。入場料を払って入館するころには予想通り長蛇の列ができていた。プラドではメールによる時間予約も受け付けており、その方法を使った人はすいすい横の列を進み入場券に変えていた。われわれの時間指定は10時45分。心を躍らせたこのボス展とラ・トウール展についてはあとで目いっぱい紹介するとして、まずはプラドで狙いを定めていた作品から。

今年の1月、西洋絵画の情報チャネルをいろいろもっておられるケンスケさんから興味深い話を聞かせてもらった。プラドがアルバ家が所蔵していたフラ・アンジェリコ(1400~1455)の‘ザクロの聖母’を購入したとのこと。この絵がブリューゲルの‘聖マルティンのワイン祭り’とともに一番の追っかけ画。

絵の大きさは思っていたより小さいものだったが、アルバ家が長年手放さなかったのがうなずけるすばらしい聖母像だった。心をとらえて離さないのが聖母マリアの青の衣装、目のさめるその輝くを息を呑んでみていた。残念ながら絵葉書がなかったのでネットで得た画像で代用しているが、これでも本物の感じが十分伝わってくる。

ダ・ヴィンチの‘モナリザ’の模写もケンスケさん情報、プラドでは2012年2月から展示されているようだが、この絵が描かれた当時はこんな感じだったのかなと思わせるほどよくできあがっている。とくに空気遠近法で描かれた背景の山々の光景がなかなかいい。この絵の横にあるダ・ビンチ派のルイー二(1485~1532)の‘聖家族’と合わせて長くみていた。

メッシーナ(1430~1479)の‘天使に支えられる死せるキリスト’は2011年のプラド感想記で紹介できなかったが、今回も思わず足がとまった。天使の悲しそうな表情がなんとも切ない。

|

« 期待のコルドバのメスキータ! | トップページ | 待望のブリューゲルの‘聖マルティンのワイン祭り’と対面! »

コメント

ご旅行のお役に立てて、大変うれしく思います。

さてプラド美術館の時間指定というのは、常設展ではなく特別展のためでしょうか。特別展は、自由に入れないのでしょうか。

フラ・アンジェリコの『ザクロの聖母』はネットで見る限り、ふんだんなラピスラズリの青と金箔を中心に色彩が輝いていますね。聖母子の顔も大変美しいと思います!

モナリザの模写は、30年前に一度プラドで見たことがありますが、その時は背景が黒一色でした。近年のX線調査で背景が発見され、黒の絵具が取り払われたそうです。ルーヴルのオリジナルと同じ板材が使われていること、サイズも同じこと、そして背景の描き直しがオリジナルと模写で共通しているところから、この模写は弟子がダ・ヴィンチのオリジナルと同時に制作したものと見なされているようです。

ルイー二作品の聖母は、ダ・ヴィンチの『岩窟の聖母』の聖母を思わせます。幼児キリストと聖ヨハネが双子のように描かれているのも同じですね。

メッシ―ナの作品は、色彩の美しさ、デッサンの確かさ、そしておっしゃるように感情の表現の点で、名作だと思います。

投稿: ケンスケ | 2016.06.17 21:31

to ケンスケさん
たくさんの情報をいただき本当に感謝しており
ます。ありがとうございました。

時間指定はボス展だけです。30分刻みで入場
制限をかけてますので、10時45分になりま
した。10時10分に入館し常設室をみて時間
調整をしました。

ネット予約の人たちを優先的に入れて当日買った
人をそれに加えていると思います。これから人気
が沸騰し、当日買いの人はかなり待つことになる
のではないでしょうか。

‘ザクロの聖母’は青の輝やきとふっくらとした
聖母の顔が強く印象に残りました。そして、
モナリザの模写にも惹きこまれました。昔から
プラドにあったのですか!

投稿: いづつや | 2016.06.18 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/63788829

この記事へのトラックバック一覧です: マドリッドのお楽しみ プラド美術館!:

« 期待のコルドバのメスキータ! | トップページ | 待望のブリューゲルの‘聖マルティンのワイン祭り’と対面! »