« もう一度行きたいシカゴ美! | トップページ | マドリードにあるカラヴァッジョ! »

2016.03.28

白鵬 36度目の優勝!

Img_0001     立会い左への変化で日馬富士を破った白鵬

大相撲大阪場所は終盤に抜群の集中力をみせた横綱白鵬が千秋楽も日馬富士を破って4場所ぶり36回目の優勝をかざった。

結びの一番は白鵬が敗けるはずはないとみていたが、立ち会い左へ変化した白鵬はわずか1秒で勝利のものにした。あまりにあっけない勝負だったので拍子抜け。体調の悪い日馬富士なのだから普通にがちっと受け止めて勝負をつければいいと思うのだが、白鵬はやはりこの一番で優勝を決めたい。3場所も優勝から遠ざかっていると横綱相撲もどこかへとんでしまう。

それだけ白鵬は追い詰められているということだろう。ここ数場所、白鵬は終盤になると体力が落ちるのか敗けが続く。それを克服するため白鵬は今場所戦法を変えてきた。目立ったのは張り差しとかちあげのコンビネーション。このかちあげが大きな武器になった。これは横綱の技としてはかなり荒っぽい。

ひどかったのは9日目の栃煌山との対戦、立ち会いいきなり鼻をガツーンとひじ打ちされた栃煌山はくらっときてそのまま後退し土俵を割った。このひじ打ちは反則技に近い。こういう手を繰り出して早く勝負をつける、そうすれば体力を温存でき終盤のへばりをなくすことができる。白鵬はかちあげを多用することが復活へつながり主役の座を再び取り戻せると思ったにちがいない。

栃煌山との一戦のあと解説者の舞の海が‘このかちあげは横綱が使う手としては違和感がありますね’といっていたが、まったく同感! 大横綱がこういう相撲をとってはいけない。天下の横綱が立ち会い変って勝負をつける相撲をみたくはないが、ひじ打ちを食らわせて白星をかちとるほうがもっとたちが悪い。

ひじ打ち、立ち会いの変化、ダメ押し、こういうことが続くと白鵬人気はガタ落ちする。大相撲が本当に盛り上がっていくのかはなはだ疑問。

|

« もう一度行きたいシカゴ美! | トップページ | マドリードにあるカラヴァッジョ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白鵬 36度目の優勝!:

« もう一度行きたいシカゴ美! | トップページ | マドリードにあるカラヴァッジョ! »