« ウンベルト・エーコ 死去! | トップページ | 近代日本美術の煌き! 1940年(昭和15) その二 »

2016.02.21

近代日本美術の煌き! 1940年(昭和15) その一

Img     横山大観の‘海に因む十題 波騒ぐ’(霊友会妙一記念館)

Img_0001     川合玉堂の‘彩雨’(東近美)

Img_0002     棟方志功の‘御群鯉図’(部分 大原美)

Img_0003     吉岡堅二の‘氷原’(部分 東近美)

日本画家は長生きをするひとが多いが、横山大観(1868~1958)もそのひとり、亡くなったのは1958年だから90歳まで生きた。1940年に描かれた‘海山十題’は大観72歳のときの作品。最も惹かれているのが‘海に因む十題’のなかの‘波騒ぐ’。

波の描写が心をとらえて離さない絵が3点ある。大観のこの絵、もう2点は東山魁夷と加山又造、大観と魁夷の波のイメージはよく似ており、青緑と波しぶきの白が海のリアルな光景をよく表現している。

川合玉堂(1873~1957)の‘彩雨’は日本人の琴線に響く名作、水車がまわる農村の風景をみることは今ではとてもかなわないが、絵はありがたいもので穏やかな日本の田舎の光景を残してくれるので今流れている時間をふっと飛び越えてこのノスタルジックな世界へはいることができる。

棟方志功(1903~1975)の鯉の絵に大変魅了されている。たくさんの赤い鯉を画面いっぱいに泳ぐ屏風画‘御群鯉図’は大原孫三郎の還暦のお祝いに描かれたもの。体を曲げたりすーっと進んだりする動きは本物の鯉の姿そのもの。可愛くて元気のいい鯉、長いことみていた。

吉岡堅二(1906~1990)はトナカイに興味があったらしく、1940年に樺太へ行っている。ここにみられる躍動感あふれるトナカイのイメージはある絵を思い出させる。それはフランスのラスコーとかスペインのアルタミラの洞窟に描かれた牛、新感覚の日本画は太古の人類世界と強くコラボしている。

|

« ウンベルト・エーコ 死去! | トップページ | 近代日本美術の煌き! 1940年(昭和15) その二 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近代日本美術の煌き! 1940年(昭和15) その一:

« ウンベルト・エーコ 死去! | トップページ | 近代日本美術の煌き! 1940年(昭和15) その二 »