« NYでいっぺんに嵌ったシェイクシャックのハンバーガー! | トップページ | 日本で開催されるのを夢見ている‘ボルチモア美展’! »

2016.01.26

アメリカにあるゴッホ、次のターゲットはこれ!

Img       ‘自画像’(1887年 デトロイト美)

Img_0001     ‘夜のカフェ’(1888年 ニューヘイブン イエール大美)

Img_0002     ‘アイリス’(1889年 LA J.ポール・ゲッティ美)

アメリカの美術館を訪問して驚かされるのは印象派およびポスト印象派のコレクションの質の高さ、美術本に載っている作品がここにもあそこにもあるという感じで本当に目を楽しませてくれる。

昨年12月のアメリカ旅行ではフィラデルフィア美にあるセザンヌの‘大水浴図’が鑑賞計画全体のハイライトだったので、メトロポリタン、ボストンが所蔵するマネ、モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーギャンらの名画はあまり足をとめてみなかった。

‘大水浴’が目の中に入ったのでメトロポリタン、フィラデルフィア、シカゴ、ボストン、ワシントンナショナル・ギャラリーにある印象派でみたい作品はだいたい済みマークがついた。セザンヌの大事なピースがやっと埋まったのでなんだか大仕事をしたような感じ。

大きな美術館についてはもう行かなくていいところまできたが、アメリカは広いので印象派のいい作品はこのほかの美術館にもごろごろしている。そのなかでターゲットにしている絵が多いのがゴッホとゴーギャン、ゴッホについては手元にある‘ゴッホ全油彩画’(2010年)をみてどこの美術館がいい絵をもっているかおおよそ把握している。

この秋にその一枚が日本にやって来る。それは上野の森美で開催される‘デトロイト美展’(10/7~1/21)に出品される‘自画像’、この絵はTASCHEN本の表紙に使われており目にやきついている。デトロイトでお目にかかることはまずないから日本でみられるのは有難い。チラシにはルノワールとモネも紹介されているので印象派は心がはずみそう。

あと2点、なんとしてもみたいのがある。イエール大にある‘夜のカフェ’とLAのポール・ゲッティ美が所蔵している‘アイリス’。イエールへ行く算段は一応できている。NYに一週間くらい滞在して、ここから高速バスでボルチモアへ行ったりニューヘブンへ出かけたりする。

先にみる可能性が高いのは‘アイリス’のほう。アメリカ旅行はこれからは西海岸を中心にすることを決めており、LAやサンフランシスコにある美術館めぐりを計画している。その目玉がポール・ゲッティ、人気の高い美術館のようなのでゴッホだけでなくほかにも名画がたくさんありそう。

|

« NYでいっぺんに嵌ったシェイクシャックのハンバーガー! | トップページ | 日本で開催されるのを夢見ている‘ボルチモア美展’! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカにあるゴッホ、次のターゲットはこれ!:

« NYでいっぺんに嵌ったシェイクシャックのハンバーガー! | トップページ | 日本で開催されるのを夢見ている‘ボルチモア美展’! »