« 祝 琴奨菊 初優勝! | トップページ | アメリカにあるゴッホ、次のターゲットはこれ! »

2016.01.25

NYでいっぺんに嵌ったシェイクシャックのハンバーガー!

Img      シャックバーガー

肉料理で最も好きなのは牛肉、ふたつくらい離れて豚肉、その次がチキン。このうち隣の方はチキンがダメ、好きな牛肉はステーキが一番でハンバーグも結構食べたいくち。

そのハンバーガーは例えば銀座の‘牛庵’とか外食レストランチェーンなどで食べたことはあるが、マグドナルドやモスバーガーといった店へ入って注文したことはほとんどない。なぜこういう店で食べないかというと、ハンバーガーのなかにピクルスが入っていたり、ケチャップやマスタードがドバっとぬられているから。

ケチャップは少量だと苦手ではないが、ピクルス、黄色のマスタードは全然ダメ。とにかくこの舌の拒絶反応があるため、若いころからマグドナルドとは縁がない。だから、ハンバーガー店にはこれからも行くことはないと思っていた。ところが、昨年12月NYを訪問したとき異変が起こった。

2013年のNY旅行で添乗員さんからNYで人気が沸騰しているハンバーガー店を教えてもらった。シェイクシャックというグルメバーガーだという。場所は滞在したホテルからそんなに遠くない8番街の44通りあたり。アバウトな情報だが自由行動のとき行ってみるつもりだったが、ほかをまわって疲れたため結局やめにしてホテルへ早めに引き上げた。

あとで出かけたという人に味の具合を聞いてみるとすごく美味しかったという話だった。そういういきさつがあったので、今回は是非出かけようということになった。グッゲンハイム美を見終わって美術館の人に正確な場所を聞いてみた。

すると、8番街まで行かなくてもグッゲンハイムから一つ下の87通りをずっと進んでいくとレキシントン街あたりにあると教えてくれた。歩くこと15分ほど。ありました、ありました!隣の方がずっと言っていたシェイクシャックが。

店をみつけるのに一生懸命で店の外観や注文したシャックバーガー(シングル、6ドルくらい)の写真を撮るのをすっかり忘れていた。店内は盛況で大勢の人が食べていた。なかにはいっているのはレタス、トマト、チーズ、100%オールナチュラルなアンガスビーフのハンバーグ、心配していたケチャップとマスタードはなし、これをつけたい人は席に着く前に自分でつけるようになっている。

こういうタイプのハンバーガーなら気持ちよく食べられる。このオーストラリア産のアンガスビーフにはホルモン剤が一切使われてない。パンの生地とアンガスビーフ、そしてチーズがうまくかみ合わさって食べ心地はとてもよく美味しい。いっぺんに嵌ってしまった。

日本に帰ってシェイクシャックが日本にもあるかどうかチェックしたら、昨年の11月13日、外苑いちょう並木に1号店がオープンしていた。これは朗報、待ち時間があまりない曜日、時間帯に出かけようと思っている。そのときはダブルを注文するつもり。

|

« 祝 琴奨菊 初優勝! | トップページ | アメリカにあるゴッホ、次のターゲットはこれ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NYでいっぺんに嵌ったシェイクシャックのハンバーガー!:

« 祝 琴奨菊 初優勝! | トップページ | アメリカにあるゴッホ、次のターゲットはこれ! »