« お知らせ | トップページ | 心を揺さぶる‘雲龍図屏風’! »

2015.12.16

ワシントンで宗達の‘松島図’と対面!

Img_0004   アムトラックの車内雑誌に掲載された‘宗達展’の案内

Img     俵屋宗達の‘松島図屏風’(17世紀 ワシントン フリーア美)

Img_0002     尾形光琳の‘松島図屏風’(18世紀 ボストン美)

Img_0003      尾形光琳の‘松島と富士’(18世紀)

3年ぶりにアメリカを旅行し、念願の‘宗達展’(10/24~1/31 ワシントン アーサー・M・サックラー・ギャラリー)を鑑賞し、さらにいくつか美術館をまわってきた。その感想記がしばらく続きます。おつきあいください。

今年は琳派400年という記念の年。国内では京博で大規模な琳派展(終了)が行われたが、海のむこうのアメリカではワシントンで現在‘宗達展’(10/24~1/31)を開催中。場所はフリーア美の敷地内の地下にあるアーサー・M・サックラー・ギャラリー。

1年くらい前、この展覧会の情報に接したときすぐにワシントンをめざすことを決めた。いつものようにA旅行会社の団体ツアーに参加し、ワシントン観光のとき、一時離脱してフリーア美に駆け込むという作戦。いくつかあった選択肢のなかからわれわれの希望にぴったりのがあり、気分よく申し込んだ。

ほかに訪問した美術館はフィラデルフィア美、メトロポリタン美、グッゲンハイム美、ボストン美の4館。このなかでお楽しみはフィラデルフィアとボストン、2013年はじめてフィラデルフィアに足を運んだが、お目当てのセザンヌの‘大水浴図’、ダリの‘インゲン豆’、デュシャンの‘大ガラス’が姿を見せてくれなかった。だから、今回はそのリカバリー。そして、ボストンの狙いは2008年に出かけたとき建設中だったアメリカ館(2010年完成)、はたしてホーマーの絵と会えるか、その結果はおいおいと。

まずはメインディッシュの宗達の‘松島図屏風’から。日本にあったら国宝はまちがいないこの六曲一双の屏風の存在を知ったのはずいぶん前のこと。ワシントンは4度目だが、フリーアに入るのは3度目。過去2回はひょっとして‘松島図’に会う大サプライズがあるのではないかと思って入館したが、ダメだった、でも今回は確実に展示してある。

サックラーギャラリーはフリーアの敷地内にあり展示室は地下につくられている。地下3階まで急いで降りていくと会場にたどり着いた。入ってすぐにあの‘松島図’が出迎えてくれた。図版の上が右隻で下が左隻。もう昂奮しちゃって心がふわふわし視点が定まらない。

この絵の見どころはなんといっても波の描写、水の動きをとらえるのは大変難しいのに宗達は金地の海原にできる波の様子を胡粉を効果的に使いシャープにそしてリズミカルに描ききっている。波がまるで生き物のように踊り狂っているよう。

波頭の表現がとても立体的なのに対し、岩や松、洲浜は平坦な描写で模様をかたどったシールをペタッと貼ったような感じ。左隻の下のほうの黒い輪みたいなところが洲浜、そのまわりを波がうねるように渦巻いているのが印象的。静的な松や洲浜と風に吹かれてダイナミックに形を変化させる波のコントラストがじつに見事!

さらに進んだところに宗達の画風を受け継いだ‘松島図’が飾ってあった。お馴染みのボストン美にある尾形光琳(1658~1716)が描いた‘松島図’、そして初見の光琳に帰属するとみられる‘松島と富士’。宗達だけでなくこういう作品もどどっと出てくるのが回顧展の醍醐味。どれも食い入るようにしてみた。

最大の追っかけ画‘松島図’がみれて天にものぼるような気持ちだった。ミューズに感謝!

|

« お知らせ | トップページ | 心を揺さぶる‘雲龍図屏風’! »

コメント

松島図鑑賞おめでとうございます。

僕も先月フリーア美の宗達展を見にワシントンへ行きました。

何人かフリーア美の宗達展を見た方を知っていますが、私も含め宗達展を見た人の感想は「もう思い残すことはない…」が多かったです(笑)。

投稿: いぬまゆ | 2015.12.17 22:46

to いぬまゆさん
先月フリーアへ行かれましたか。
地下の会場で日本人を4人くらいみました。
宗達の松島図をみる機会はめったにないですから
琳派が好きな人は足が向かいますよね。

私も長年の夢が叶い、なんだか大仕事をしたよ
うな気分です。昨年徽宗の‘桃鳩図’と対面し、
今年は‘松島図’、これで日本美術は済みマーク
がつけられます。ここまで来るのに長い時間が
かかりましたから、今はほっとしてます。

投稿: いづつや | 2015.12.18 01:24

おはようございます。
宗達の『松島図』の実作品の迫力は、すごいのでしょうね。私は、31年くらい前に初めて画集で『松島図』屏風を見たときのインパクトをよく覚えています。おっしゃるように波の描写が画面に強いリズムを刻んでいますね。そして2点目の作品に見られる大胆な視点と、3点目の作品の遠近感。実物を見たいですが残念ながらワシントンまでは、とても行けません。

私は静嘉堂文庫美術館に修復を終えた『源氏物語関屋・澪標図屏風』を見に行きましたが、斬新さという点で、『松島図』は圧倒的ですね。

投稿: ケンスケ | 2015.12.20 07:59

to ケンスケさん
お先に宗達の‘松島図’をみてきました。光琳の
松島図はとても洗練されていますが、宗達の原画
は色彩の力をみる者に意識させるおおらかな
絵画世界という感じがします。この絵の前に立て
て腹の底から喜んでいます。

静嘉堂の関屋澪標図は23日にみることにしてます。
久しぶりの鑑賞ですが、今はもう宗達一直線です。

投稿: いづつや | 2015.12.20 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワシントンで宗達の‘松島図’と対面!:

« お知らせ | トップページ | 心を揺さぶる‘雲龍図屏風’! »