« 近代日本美術の煌き! 1909年(明治42) その二 | トップページ | 近代日本美術の煌き! 1910年(明治43) その二 »

2015.10.08

近代日本美術の煌き! 1910年(明治43) その一

Img          菱田春草の‘黒い猫’(重文 永青文庫)

Img_0001          安田靫彦の‘花の酔’(宮城県美)

Img_0002     小林古径の‘加賀鳶’(東近美)

家で猫か犬をペットとして可愛がっているかどうかは別にして、猫好きと犬好きはどっちが多いだろうか?散歩をしていると犬の散歩によく出くわすが、家で飼われている猫の場合、飼い主と一緒に外出するのだろうか、ずっと部屋のなかにいてときどき庭を歩き回っている?犬派なのでこのへんのことはよくわからない。

近代日本画のなかで猫の画家としてすぐ頭に浮かぶのは菱田春草(1874~1911)、竹内栖鳳(1864~1942)、奥村土牛(1889~1990)、そして加山又造(1927~2004)。春草は黒い猫と白い猫をそれぞれ数点ずつ描いているがもっとも惹かれるのはやはり永青文庫にあるもの。

この作品は縦長の画面を下からたらし込みで描かれた木の幹、毛のふさふさした黒い猫、そして金泥で装飾的に表現された柏の葉という風にひとつ々を目に焼きつけていくような感じでみていくので絵との密着度が非常に強くなる。こういう作品はなかなか出会えない。

安田靫彦(1884~1978)の‘花の酔’はお気に入りの一枚。上村松園と鏑木清方、伊東深水の作品がMYミニ美人画展の大部分を占めるが、‘花の酔’もしっかりランクインしている。とくに視線が集中するのが手の描き方。いつもうっとり気分でみてしまう。

小林古径(1883~1957)は安田靫彦、前田青邨(1885~1977)とともに大観、春草の後をひきつぐ日本画壇の中心人物、27歳のとき描いた‘加賀鳶’は‘伴大納言絵巻’の火事の場面を連想させる力のこもった風俗画。古径というと‘静’の画家のイメージがあるが、加賀藩の消防団の活躍ぶりを描いた‘加賀鳶’は例外的に勢いのある作品で鳶たちの姿をきびきびした動きで表現し緊張感の漂う画面に仕上げている。

|

« 近代日本美術の煌き! 1909年(明治42) その二 | トップページ | 近代日本美術の煌き! 1910年(明治43) その二 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近代日本美術の煌き! 1910年(明治43) その一:

« 近代日本美術の煌き! 1909年(明治42) その二 | トップページ | 近代日本美術の煌き! 1910年(明治43) その二 »