« 近代日本美術の煌き! 1886年(明治19) | トップページ | 近代日本美術の煌き! 1887年(明治20) »

2015.09.01

組織委員会 東京五輪エンブレムの使用中止を決定!

Img     横山大観の‘群青富士’(部分 1917年 静岡県美)

Img_0001     尾形光琳の‘紅白梅図屏風’(18世紀後半 MOA美)

Img_0002     歌川広重の‘よし原仲の町桜の紋日’(1840~58年)

7/24に決まった2020年東京五輪のエンブレム、本日、大会組織委員会はこれを使わないことを発表した。このエンブレムはどうしても好きになれなかったのでホットしている。多くの国民がこうなることを望んでいたのではなかろうか。

エンブレムをつくった佐野氏にまつわるほかの作品のパクリ疑惑がこれほど噴出してきたら、もうアウト。組織委員会が会見で明らかにしたデザインの原案自体が著名な外国のタイポグラファーの展覧会のポスターに酷似していたり、エンブレムを活用する場面の写真をネット上の個人のサイトから無断転用したことが判明するなど、騒動を鎮めるための説明が逆に火に油を注ぐことになった。

新国立競技場の建設についでエンブレムも白紙撤回、東京五輪の準備は本当にうまくいくのか心配になってくる。

さて、仕切り直しのエンブレム、優秀なデザイナーは大勢いるのだからいいものができなくてはおかしい。勝手な希望をいくつか述べてみたい。まず第一は1964年の東京五輪のエンブレムを踏襲しないこと。これにこだわるからデザインに躍動感がでてこない。21世紀、先進都市東京でおこなわれる五輪、最高のスポーツの祭典を日本人のおもてなしの心でやさしく力強く繰り広げる。

デザインにとりこみたいモチーフは日本を象徴するもの、東京をイメージさせるもの、いろいろある。すぐ思いつくのは富士山とか桜、浮世絵に描かれた日本橋、そして日本美術の中核をなす琳派の造形、例えば流水を使ってくれないかなと思ったりもする。

二度も失敗は許されない。皆で五輪を盛り上げられるいいエンブレムを是非つくってもらいたい。

|

« 近代日本美術の煌き! 1886年(明治19) | トップページ | 近代日本美術の煌き! 1887年(明治20) »

コメント

佐野氏のことが今朝もニュースになっていましたが、個人的なことを書かせていただきます。

実は、今日私が仕事の関係でよく知っているグラフィック・デザイナーの人と話したところ、彼は佐野氏の大学時代からの親友だと知りました! 私の知人も、今年東博で開かれた『インドの仏』展など美術展のチラシをデザインしたり、美術書のレイアウトなどをする方なのですが、彼によると佐野氏は決して知っていてパクリをするようないい加減な人ではないということ。

知人の話によるとデザイン業界には、デザインの型のようなものがあって、それを組み合わせるのだそうです。それで文字を基礎にした今回のオリンピックエンブレムのようにシンプルなデザインなどは特に、知らずに既成のものとよく似たものができてしまう場合がよくあるそうです。

ただバッグのデザインなどのパクリは確かにアシスタントの人たちがやってしまったことで、それに気付かなかったのは佐野氏の落ち度だと、知人は言っていました。絵画の世界と同様、親方と工房の関係ですが、どんなに忙しくても、やはり「親方」は助手のすることを完全に把握していなくてはならないでしょう。

ただ知人からデザイン業界の内部の話を聞き、それまで佐野氏に抱いていた思いはだいぶ変わりました。知人は、親友の佐野氏の今の精神面を心配していました。

投稿: ケンスケ | 2015.09.02 22:55

to ケンスケさん
このエンブレムはどこからみても好きになれ
ませんので、中止になったのはよかったなと
思ってます。

こういう文字を中心にした硬いデザインだと
処理の仕方がどうしても似てくるのでしょうね。
だから結果的に似たようなものになっというの
はわかりますが、あまりにもいろんなことが
でてきましたので国民の多くがこのデザインに
嫌悪感をいだくのは仕方がないことですね。

仕切り直しでいいものができるといいですが、
もっと躍動感があってやわらかい感じのデザイン
になって欲しいです。

投稿: いづつや | 2015.09.03 01:21

佐野氏のデザインは、確かに新鮮な面白みに欠けていると思います。

佐野氏が選ばれた前回のコンペは、入賞歴最低2回という人のみがコンペに応募することができたそうです。そういう規定があると、枠にはまった考えの人が既成の路線でデザインを作ってしまうのではないでしょうか。

次回のエンブレムのコンペは、もっと自由なものになるそうですね。おっしゃるように発想の点で既成の枠に囚われない、のびのびとしたデザインを希望します。

投稿: ケンスケ | 2015.09.03 22:08

to ケンスケさん
五輪招致活動のときの桜のデザインが好評です
から、これをつくった女性(当時は大学4年)
がエンブレムにも公募すればいいかもし
れません。チャレンジしてほしいですね。

審査委員長の85歳の人がグラフィック界の
大御所みたいな存在らしいですが、自分も
札幌五輪のエンブレムで1964年の東京五輪
のデザインを踏襲してますから、どうしても
この枠でみてしまうのですね。この人は審査員
をやめてもらいたいですね。

投稿: いづつや | 2015.09.04 00:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 組織委員会 東京五輪エンブレムの使用中止を決定!:

« 近代日本美術の煌き! 1886年(明治19) | トップページ | 近代日本美術の煌き! 1887年(明治20) »