« 近代日本美術の煌き! 1904年(明治37) | トップページ | 今日はスーパームーン! »

2015.09.27

鶴竜 横綱在位9場所目で優勝!

Img    決定戦で照ノ富士を破り優勝した鶴竜

Img_0002   横綱になってはじめての賜杯獲得

大相撲秋場所は横綱鶴竜が決定戦で照ノ富士を破り、2度目の優勝をかざった。横綱に昇進してからなかなか優勝できなかった鶴竜、9場所目にようやく賜杯を手にした。

本割で鶴竜は勢いよくでてきた照ノ富士にあっけにとられたような感じで土俵を割り、3敗で並ばれた。しかし、決定戦では立ち上いすばやく下手をとり右ひざを痛めている照ノ富士をなんなくしとめた。先場所は休場あけだったにもかかわらず調子がもどった感じだったので今場所は期待できそうだったが、白鵬が休場したあとの土俵の主役は大関の照ノ富士、11日目までは照ノ富士が全勝優勝につきすすむ雰囲気だった。

ところが相撲は何がおこるかわからない。自信満々の照ノ富士は12日目栃煌山に脇の甘さにつけこまれてまさかの敗戦。そして、翌日は稀勢の里の馬力に倒され右ひざを負傷してしまった。これで優勝の行方がわかならくなった。こうなると鶴竜が断然有利。14日目に優勝争いのトップにたった。

ようやく優勝にたどりついた鶴竜は来場所からは気分的にリラックスできるので賜杯を手にする回数はまだまだ増えそう。突然のアクシデントで優勝を逃した照ノ富士、相手力士に簡単にまわしを許し強引に勝ちにいく今の相撲では今回のようにケガをするリスクも高くなる。脇をかためて前に攻めていく相撲に変わったらすぐ横綱になれる。さらに稽古をつんで大きな力士になってほしい。

|

« 近代日本美術の煌き! 1904年(明治37) | トップページ | 今日はスーパームーン! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶴竜 横綱在位9場所目で優勝!:

« 近代日本美術の煌き! 1904年(明治37) | トップページ | 今日はスーパームーン! »