« 近代日本美術の煌き! 1877年(明治10) | トップページ | 番組の魅力が低下している日曜美術館! »

2015.07.26

白鵬 35回目の優勝!

Img     鶴竜との横綱決戦を制した白鵬

Img_0001     賜杯をだく白鵬を祝福する旭天鵬

大相撲名古屋場所は横綱白鵬が鶴竜を破り35度目の優勝をはたした。成績は14勝1敗。2場所全休のあと復活した鶴竜に勝ってもらい優勝決定戦を期待していたが、白鵬は本割で決着をつけた。やはり白鵬は強い!

今日の一番は力のはいるいい相撲だった。鶴竜にも勝機はあったが、がっぷり四つになると白鵬の攻めのほうが力強い。鶴竜は優勝こそ逃したものの、これだけ白鵬といい相撲をとれば横綱の責任は十分はたしたといえる。横綱になってからまだ優勝してないので、来場所に期待したい。

終わってみると白鵬がまた賜杯を手にしていたが、ほかの力士で注目を集めたのは新大関の照ノ富士、11勝4敗なら立派な成績。終盤まで優勝争いに絡んでいたのは立派。関脇の栃煌山は両横綱に土をつけたところまでは目を見張らせる相撲だったのに、そのあとはガタガタ、この力士は稀勢の里と同じで緊張すると体が動かなくなる。これほどプレッシャーに弱いと大関は難しいような気がする。

今場所目立った活躍をしたのは13勝もあげた尾車部屋の嘉風。前頭8枚目でこれだけ勝つと来場所は三役に昇進するかもしれない。以前から応援しているので大拍手!

ケガのため万全ではない遠藤が久しぶりに10勝し、大砂嵐も11番勝った。逆に期待外れなのが逸ノ城、4番しか勝てず大敗け、稽古をしないことをどの解説者も口にするから稽古嫌いで知れ渡っているのだろう。今の取り口ならスピードがあり動き回る相手にはいいようにあしらわれる。この調子だと体が大きいだけの並の力士になってしまう。奮起するだろうか。

|

« 近代日本美術の煌き! 1877年(明治10) | トップページ | 番組の魅力が低下している日曜美術館! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白鵬 35回目の優勝!:

« 近代日本美術の煌き! 1877年(明治10) | トップページ | 番組の魅力が低下している日曜美術館! »