« 怪物コンテスト! | トップページ | 勝ったのは誰れ? »

2015.06.13

神々、女性がいっぱい!

Img  ラファエロの‘神々の会議’(1511年 ローマ ヴィッラ・ファルネジーナ)

Img_0001 ドメニキーノの‘デイアナの狩猟’(1617年 ローマ ボルゲーゼ美)

Img_0003     マンテーニャの‘パルナッソス’(1497年 パリ ルーヴル美)


Img_0002    プッサンの‘フローラの王国’(1631年 ドレスデン国立絵画館)

ラファエロ(1485~1520)の作品には3つのタイプがある。まずあげられるのが聖母子像、これがなんといってもラファエロの代名詞、次がダ・ヴィンチから多くを学んだ肖像画、そして壁画にいくつか描いたギリシャ神話。

ヴァチカン宮殿の‘署名の間’に描かれたのが‘パルナッソス’、そしてヴィッラ・ファルネジーナには大勢の神々が横一列に並んだ‘神々の会議’(天井画)と生き生きとした人物描写がすばらしい‘ガラテアの勝利’を完成させた。キリスト教を題材にしたものとくらべると筆の運びが自由闊達で画面がとても明るいのが特徴。

ボローニャ派の画家として人気を集めたドメニキーノ(1581~1641)の‘ディアナの狩猟’はボルゲーゼ美自慢の絵画。この美術館にはカラヴァッジョやテイツイアーノ、ラファエロの有名な絵がずらっとあるのでぼやっとしているとこの絵は見落としそうになる。だが、運よく足がとまり近景,中景、遠景に多くの女性を巧みに配置し見事に描かれた活気のある狩りの様子を息を呑んでみていた。

女性がたくさん登場するものはまだある。ルーヴルにあるマンテーニャ(1431~1520)の絵も思わず見惚れてしまう。マルスとヴィーナスが2人揃って真ん中が穴のあいた岩の上に立ち、下では女性たちが跳んだり手を取り合ったりしている。この安定感のある構図が気持ちをリラックスさせ楽しげなギリシャ神話の世界に誘ってくれる。

プッサン(1594~1665)の‘フローラの王国’も忘れられない一枚、ドレスデン国立絵画館は質の高いコレクションで世界にその名が知られているが、このプッサンの作品はギリシャ神話をテーマにして描いたものとしてはプラド美にある‘パルナッソス山’と並ぶ傑作中の傑作。

|

« 怪物コンテスト! | トップページ | 勝ったのは誰れ? »

コメント

ドメニキーノの『ディアナの狩猟』は、32年前と28年前ボルゲーゼ美術館に行ったとき見たのですが、当時はカラヴァッジョ、ティツィアーノ、ラファエロの絵画やベル二―二の彫刻などに目が行っていました。

それで見たのに、本当には味わっていなかった残念な経験です。しかしネットや画集などで見るたびに大変魅力的だと思います。

プッサンの『フローラの王国』は、あまりに有名な作品ですね。ずっとプッサンの代表作の一つだと感じ、惹かれてきました。ただ、おっしゃるようにドレスデンの国立絵画館は世界的な名品が多々ありますが、なかなか訪れにくい場所です。

また日本でドレスデン国立絵画館の展覧会をしてくれることに期待します。

投稿: ケンスケ | 2015.06.14 09:21

to ケンスケさん
ドメニキーノの絵に魅了されました。これが一番い
いかもしれませんね。

2003年、ドレスデン美を訪問しました。ここに
はラファエロ、ファン・エイク、ジョルジョーネ、
ルーベンス、レンブラント、フェルメール、プッサン
など傑作揃いです。日本にそれらのひとつでもくる
と楽しいのですが。西洋美あたりに期待したいですね。

投稿: いづつや | 2015.06.15 00:44

ドレスデン美術館に行かれたのですね! 私も一度行ってみたいです。 

2005年、確か国立西洋美術館で開かれたドレスデン国立絵画展の展覧会で、フェルメールの『窓辺で手紙を読む若い女』が見られて、感動しました。この作品は、1973年ごろのドレスデン国立絵画展にも日本に来たようで、父が見に行って買った図録が家にありました。

フェルメールはともかく、やはりジョルジョーネの『眠れるヴィーナス』やラファエロの『システィ―ナの聖母』などは門外不出なのでしょうね。


投稿: ケンスケ | 2015.06.15 08:13

to ケンスケさん
ドレスデン美は忘れられない美術館のひとつです。
フェルメールは2点見る予定でしたが、日本にも
やってきた‘窓辺で手紙’はあったのですが、もう
1点はほかへ貸出し中でみれませんでした。
これが残念でなりません。

やはりここの至宝は眠れるヴィーナスとシスティ
ーナの聖母ですね。だから、外には出ないでしょ
うね。そして、数の多いレンブラントとファン・
エイクの三連画に足がとまります。

2005年の名品展から10年たちますからまた、
ドレスデン美展を開催してほしいですね。

投稿: いづつや | 2015.06.15 16:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神々、女性がいっぱい!:

« 怪物コンテスト! | トップページ | 勝ったのは誰れ? »