« アートに乾杯! 虹を描いた画家たち(4) | トップページ | お知らせ »

2015.05.01

アートに乾杯! 虹を描いた画家たち(5)

Img_0004     絹谷幸二の‘時の舟・慈愛Ⅲ 悠久の都’(2006年)

Img_0002     福田平八郎の‘紅葉虹’(1947年 大分市美)

Img     中村岳陵の‘雨霽’(1964年)

Img_0001     池田遙邨の‘伐られた株’(1923年 倉敷市美)

デパートで現役の作家の回顧展が開かれる場合、開幕初日に本人が会場にいることがある。こういうときはいい機会なので気軽に話をすることにしている。2006年日本橋三越であった絹谷幸二さん(1943~)の展覧会は念願の絹谷作品をみることができたのでおおいに話がはずんだ。

このとき展示されていたのがその年に描かれた‘時の舟・慈愛 Ⅲ 悠久の都’、ローマの風景が目の覚めるような赤や青で描きあげられそこに名所観光地のパネルや絵画、彫像などがコラージュ風に張り付けられている。時刻は雨上がり、空には強烈な虹がかかっている。この虹はこれまででてきた虹のなかで一番正確に色がつけられている。忘れられない一枚。

天性のカラリストである日本画家の福田平八郎(1892~1974)にも強く心に残る虹がある。終戦前後京都の竜安寺にいた時代の印象を作品にした‘紅葉虹’、きれいに咲き誇る紅葉のむこうに虹がみえる。こういう作品をみると絵の魅力は色彩によって決まるということを再認識する。

中村岳陵(1890~1969)の虹は実際の印象に近い。虹は上の二つのように色がくっきりあざやかにみえることはまずなく、色はこの絵のように薄くみえる。虹の向こうに山が透けてみえる感じがとてもリアル。ぱっとみるとおとなしい感じがするが、じっとみていると絵のよさがわかってくる。

シュールっぽい虹の絵を描いたのは岡山県出身の池田遙邨(1895~1988)、これは遙邨28歳のときのもの。中央に伐採された株があり、それを黄色の虹が宗教画の円光のように照らしている。株の生命力を強調するために虹を使うという発想が前衛的。

|

« アートに乾杯! 虹を描いた画家たち(4) | トップページ | お知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アートに乾杯! 虹を描いた画家たち(5):

« アートに乾杯! 虹を描いた画家たち(4) | トップページ | お知らせ »