« 若冲の‘河豚と蛙の相撲図’にご機嫌! | トップページ | 近代日本彫刻の傑作が登場! »

2015.04.11

‘明治ニッポンの美’ 圧倒されるボストン美蔵の日本画!

Img     狩野芳崖の‘谿間雄飛図’(1885~86年)

Img_0003              柴田是真の‘雪中鷹図’(19世紀後半)

Img_0002             河鍋暁斎の‘地獄太夫’(19世紀後半)

Img_0001     下村観山の‘臨済僧’(1912年)

今月4日から東芸大美ではじまった‘ダブルインパクト 明治ニッポンの美’(4/4~5/17)はチラシに載っている8つの作品のうち5点をすでにみているので今回は図録の購入はやめにし、ボストン美から里帰りした河鍋暁斎の絵をお楽しむだけでいいと思っていた。

ところが、ボストン美からやって来た絵画と工芸品をみてびっくり仰天、ええー、こんなにすごい日本画が含まれていたの!、CM の台詞ではないが‘それ、早く言ってよ!’という感じ。はっきりいって展覧会のPR戦略がまったく下手くそ、このチラシでは人は集まらない、キャッチコピーは‘明治ニッポンの美 ボストンから芳崖、暁斎、大観、春草の傑作が里帰り!’とかなんとかにしたほうが美術ファンの心をとらえる。じっさいすばらしい傑作が来ているのだから。

サプライズの極みは狩野芳崖(1828~1888)の‘谿間雄飛図’、この絵を一度みたいと思っていたがボストンにあるので見れる可能性は10%くらいと大方は諦めていた。その絵がひょいと現れた、なんという幸運、興奮した。そして、背景の雄大な滝を斜めに横切るように配置された三羽の鷹を息を呑んでみた。この大胆な構図は200%痺れる。

もうひとつ鷹の絵がでている。描いたのは天才漆職人の柴田是真(1807~1891)、太い幹の上にとまっている鷹を下に垂れる細い枝で挟み込むように描くところは是真の鋭い表現力の現れ。とにかく是真の絵はいつもはっとさせられる。

チラシに載っていた河鍋暁斎(1831~1889)の‘地獄太夫’、この絵は別ヴァージョン(福富太郎コレクション)をみたことがある。二つを比べてみるとボストンのものは一休が頭に載っていたり太夫のまわりにいる骸骨たちは黒っぽく描かれているので骸骨の印象がちょっと弱い。みどころは精緻に描写された太夫の衣装の文様。暁斎の魅力がこの衣装に凝縮されている。

横山大観の朦朧体で描かれた‘月下の海’などは回顧展があったときに出品されたが、菱田春草の‘月の出’と下村観山(1873~1930)の3点ははじめてお目にかかった。立ち尽くしてみていたのが観山の‘臨済僧’。これは大きな収穫だった。

|

« 若冲の‘河豚と蛙の相撲図’にご機嫌! | トップページ | 近代日本彫刻の傑作が登場! »

コメント

今日、とうとう時間を作り、東京芸術大学大学美術館に行ってきました。

日本画のセクションが特に圧巻でした。狩野芳崖、橋本雅邦、横山大観、菱田春草、下村寒山の初見の作品が多々あって、ゆっくりと見ました。

芳崖の『谿間雄飛図』の中の鷲が飛んでいく空間は、まさに雄大ですね!柴田是真の『雪中鷹図』の前でも足が止まりました。

丁寧に見て、疲れましたが質の高い展覧会でした。

投稿: ケンスケ | 2015.05.01 23:06

to ケンスケさん
この展覧会のチラシには狩野芳崖のかの字も出てき
ませんから、傑作が目の前に現れると仰天しますね。
そして、今回の里帰りのために修復したという
橋本雅邦のすばらしい絵。

もう一級の日本画がずらっと揃っているので本当に
いい気分になります。チラシの作り方を失敗しまし
たね。もっとお客がはいってもいいと思います。

投稿: いづつや | 2015.05.02 01:10

おはようございます。

修復された橋本雅邦の作品は、『雪景山水図』ですね。緑の淡彩が美しい、すばらしい傑作だと思いました!

他にも、ガードナー氏などアメリカ人の間で人気があったのもうなずける作品が多かったです。特に朦朧体の追求された水や大気の描写は、当時のアメリカ人の好きだった印象派とも重なるような気がしました。

昨日、美術館は比較的空いていました。おっしゃる通り、もっと魅力的なチラシにしていたら、もっと人気の展覧会になったでしょうね。

投稿: ケンスケ | 2015.05.02 08:00

to ケンスケさん
雅邦の山水画もよかったですね。東芸大には芳崖
の最高傑作、悲母観音や雅邦の月夜山水などがあり
ますから、まさにダブルインパクトなのですが、
このコピーがインパクトありそうでそうでもない、
その内容は何?という感じです。作品は一級品揃い
なので惜しいですね。

投稿: いづつや | 2015.05.02 13:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ‘明治ニッポンの美’ 圧倒されるボストン美蔵の日本画!:

« 若冲の‘河豚と蛙の相撲図’にご機嫌! | トップページ | 近代日本彫刻の傑作が登場! »