« ズームアップ 名作の響き合い! 2013年 | トップページ | 千住博と杉本博司の光琳アート! »

2015.04.17

ズームアップ 名画の響き合い! 2014年

Img     草間彌生の‘富士山’

Img_0001     原画をもとにした浮世絵版画‘富士山’

Img_0002     浮世絵版画‘富士山 別ヴァージョン1’

Img_0003     浮世絵版画‘富士山 別ヴァージョン2’

ここ5年くらいの間に草間彌生(1929~)をとりあげた美術番組を3度みた。最初が2011年のBSプレミアム、2009年からはじめた‘わが永遠の魂’シリーズをアトリエで毎日描きつづける草間に密着し作品をとおして浮かび上がる草間の芸術家魂に迫っていた。そして、海外のオークションにクサマ作品を求めて集まるコレクターたちやこの年マドリードの美術館でスタートした回顧展についても熱く取材。

2度目は2013年?BS朝日かどこかの番組であの松岡修造が大胆にも草間とおしゃべり。このときは笑っちゃうくらい話がかみ合わなかった。修造、ご苦労さんという感じ。そして今年の正月、BSプレミアムで放送された‘わたしの富士山~浮世絵版画への挑戦~’、確か2時間くらいやっていた。

草間が富士山を描き、その原画をもとにアダチ版画研究所の彫り師、摺り師が浮世絵版画を制作した。一番上が草間が完成させた‘富士山’で、続く三枚が浮世絵版画の‘富士山’、版画は原画を忠実に再現したもの(二番目)とアダチ研究所の独自の判断で色彩を変えた‘富士山’がつくられた。

草間は版画の出来具合に大満足で、そのうえアダチが提案した色の違う別ヴァージョンの色彩の輝きに感激していた。青や黄色、そしてピンク色の富士山に摺りあげたのは若手の摺り師、すばらしい色彩感覚の持ち主で今のの時代にふさわしいポップな富士山の浮世絵版画に仕上がった。昨年新宿に完成したプライベート美術館、草間美に現在も飾ってあるかわからないが、時間をつくって出かけようと思っている。

1874年からスタートした‘ブームアップ 名画・名作の響き合い!’は2014年をもって終了いたします。お楽しみいただけたでしょうか。数々の名作を皆さんと共有できたことを心から喜んでいます。

|

« ズームアップ 名作の響き合い! 2013年 | トップページ | 千住博と杉本博司の光琳アート! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ズームアップ 名画の響き合い! 2014年:

« ズームアップ 名作の響き合い! 2013年 | トップページ | 千住博と杉本博司の光琳アート! »