« ズームアップ 名作の響き合い! 2000年 | トップページ | ズームアップ 名作の響き合い! 2002年 »

2015.03.20

ズームアップ 名作の響き合い! 2001年

Img     吉岡徳仁の‘ハニーポップ’

Img_0003     大平洋一の‘ノスタルジア’(コーニングガラス美)

Img_0002     ビル・ヴィオラの‘ミレニアムの5天使’

Img_0001     十二代三輪休雪の‘摩利耶 初夏’

ビジネスの世界で商才に長けた人が市場をクリエイトし巨額の富を築くことはよくあるが、個性豊かなア―ティストがひしめき合う美術界にあってもきらきらと光る表現によって多くの人の関心を集めるスターが出現する。

吉岡徳仁(1967~)のその売れっ子スターの一人であることは知ったのは3年前のこと。BSプレミアムの美術番組でルノワールを特集したとき、吉岡が出演しルノワール絵画の光の魅力を解き明かしていた。ここではじめて吉岡の作品を目にし大変魅せられた。

それから1年後の2013年、この気になるトップデザイナーの最新作をみる機会が訪れた。出かけた東京都現美では気分は高揚しっぱなしだった。最後の部屋に飾ってあったのがサプライズの椅子、‘ハニーポップ’、積み重ねた紙を広げてハニカム構造にして椅子に必要な強度を与えている。座ってみたかったが、これは断念した。

ヴェネチアン・グラスで世界的に高く評価されているのが大平洋一(1946~)、2011年サントリー美であった展覧会で遭遇し200%KOされた。絵柄の感じはとてもヨーロッパ的で重厚。団体ツアーでヴェネチアにでかけると、定番となっているヴェネチアグラスのお店でのお土産購入タイムがある。ここにあった目をひくグラスより大平洋一の‘ノスタルジア’のほうが数倍魅力的だった。

ビル・ヴィオラ(1951~)の‘ミレニアムの5天使’は今でもその映像が強烈に心に刻まれている。暗い部屋のなかに5つの画面があり、服を着たままの男が水に真っ逆さまに飛び込んだり、潜水艦からミサイルが発射されたように水中から激しいスピードで上昇していく姿が映しだされる。インパクトのある映像にしばらく放心状態だった。

十二代三輪休雪(1940~)が生み出すオブジェのやきものにはアヴァンギャルドの創作スタイルが貫かれており、その表現意欲は年を重ねてもまったく衰えない。2001年にはエロスの香りが漂う‘摩利耶シリーズ’を5、6点生み出した。イタリアのザウリにも乳房をモチーフにした作品があるが、心がザワザワするのは休雪のほう。

|

« ズームアップ 名作の響き合い! 2000年 | トップページ | ズームアップ 名作の響き合い! 2002年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ズームアップ 名作の響き合い! 2001年:

« ズームアップ 名作の響き合い! 2000年 | トップページ | ズームアップ 名作の響き合い! 2002年 »