« 東博の観山、青邨、古径! | トップページ | ズームアップ 名作の響き合い! 1973年 »

2015.01.26

名刀鑑賞は楽し!

Img

Img_0001     備前長船博物館

Img_0002     国宝‘太刀 名物大包平’(平安時代11世紀)

Img_0003     国宝‘太刀 銘長光(大般若長光)’

デパートで展覧会が行われる場合、会期が短いことが多い。今月の美術館めぐりは銀座松屋と日本橋三越とデパートものが入りこれがうまく重ならなかったため、2度でかけることになった。

いつもは朝10時くらいから5時までの間に4~5つの美術館を回るのでかなり忙しく、ひとつの美術館にのんびりとはしていない。今月はこれとはちがい2回とも2つの美術館だけ。14日は日本橋三越のあとは東博だけ。みちのくの仏像を見終わったのは1時ころ、まだ時間がたっぷりあるので平常展示をじっくりみてまわった。

東博の本館の1階、2階をまわっているときいつも楽しみにしているのが日本刀が飾ってある部屋。以前はHPで展示されている刀剣をチェックしていたが、今はそれはなく目の前にあるものを楽しむことにしている。今回は名刀がでている(2/15まで)、ともに国宝の備前刀。

古備前派(平安時代)の鍛冶、包平(かねひら)のつくった‘銘備前国包平作(名物大包平)’と長船派の‘銘長光(大般若長光)’、東博には国宝の日本刀がたくさんあるがこの2口は定番の名刀、一時期この部屋に通って名刀の太刀姿や刃文の形、沸や匂の出来具合いを釘づけになってみた。久しぶりに会う‘大包平’と‘大般若長光’、やはりすばらしい傑作、いい刀をみるのは本当に楽しい!

広島に住んでいたとき、岡山の長船までクルマを走らせ備前長船博物館を訪問した。ここで備前刀をみてから日本刀に嵌った。以来国宝の刀剣を追っかけているが、まだコンプリートにはいたらない。刀剣の鑑賞はライフワーク。これからもい大いに楽しみたい。

|

« 東博の観山、青邨、古径! | トップページ | ズームアップ 名作の響き合い! 1973年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名刀鑑賞は楽し!:

« 東博の観山、青邨、古径! | トップページ | ズームアップ 名作の響き合い! 1973年 »