« 2014年 新発見!画家の作品に影響を与えたもの | トップページ | ホイッスラー展のビッグなオマケ! »

2014.12.22

2014年 感動の展覧会 ベスト10!

Img_0001     徽宗の‘桃鳩図’(1107年)

Img     喜多川歌麿の‘深川の雪’(1802~06年 岡田美)

Img_0002  ホイッスラーの‘白のシンフォニーNo.3’(1867年 バーバー美)

Img_0003     バルテュスの‘地中海の猫’(1949年)

今年展覧会に足を運んだ回数は52回、複数出かけたものもあるから展覧会としては45。このなかから‘感動の展覧会 ベスト10!’を選んだ。いつものように順位はつけず開催された順番に並んでいる。

★ シャヴァンヌ展    1/2~3/9    Bunkamura

★ ウォーホル展     2/1~5/6    国立新美

★ 歌麿 深川の雪   4/4~6/30    岡田美

★ バルテュス展    4/19~6/22   東京都美

★ キトラ古墳壁画   4/22~5/18   東博

★ ヴァロットン展    6/14~9/23  三菱一号館美

★ 菱田春草展     9/23~11/3   東近美

★ 東山御物の美   10/4~11/24   三井記念美

★ 日本国宝展     10/15~12/7  東博

★ ホイッスラー展   12/6~3/1    横浜美 

こうして大きな感動をもらった展覧会を10選んでみると、今年も絵画をはじめとするすばらしい美術品といくつもめぐりあったなと思う。日本美術関連の展覧会で前半最も期待値の高かったのははじめてみる‘キトラ古墳壁画’、長い時間列に並んだが念願の壁画に会えたので大満足。

今年は浮世絵の歴史的な展示があった。日本で発見された喜多川歌麿が描いた幻の肉筆画‘深川の雪’が4月箱根の岡田美で公開されるというので喜び勇んで出かけた。こんな歌麿の傑作を日本でみれるのだから嬉しくなる。

後半のハイライトは‘東山御物の美’と‘日本国宝展’、長年追っかけていた‘桃鳩図’と‘阿弥陀聖衆来迎図’と対面したときは天にも昇るような気持だった。これぞ傑作中の傑作という感じ。そして、東近美で行われた菱田春草展にも200%魅了された。春草の名画全部みせます、という豪華なラインナップは昨年の竹内栖鳳展同様、東近美の高い企画力の証。本当にビッグな回顧展だった。

西洋絵画は待ち望んだ画家の回顧展が2つあった。4月のバルテュスと12月のホイッスラー、予想をはるかに上回る傑作の数々、テンションが上がりっぱなしだった。‘地中海の猫’と‘白のシンフォニーNo.3’には腹の底から参った!

Bunkamuraであった‘シャヴァンヌ展’とパリとアムステルダムで話題を集めた‘ヴァロットン展’も長く記憶に残るエポック的な展覧会。とくにこれまでお目にかかった作品が数えるほどしかなかったヴァロットン、魅力のある作品をこれほどたくさん描いていたとは、いっぺんに嵌った。


   


|

« 2014年 新発見!画家の作品に影響を与えたもの | トップページ | ホイッスラー展のビッグなオマケ! »

コメント

僕は3ヶ月入院で、穴が空いているからなぁ。
いづつやさん、6月~8月に、開催された展覧会挙げておられなくて、安心しました。
ヴァロットンも行けたし、キトラ古墳も行けたし。
キトラ古墳は待ち時間長いから、音声ガイドを聞いていてください、って、会場入る前から貸し出して、上手い商売でした。
岡田美術館はまだ、行けてません。
日本橋三越に、岡田美術館所蔵の琳派が来るから、とりあえずそれで、どんなものもっているのかと。
あと、僕は、多摩美術大学美術館、祈りの道へ。挙げたいですね。
3ヶ月で、心残りは、ステーションギャラリー、フォートリエ見逃したことかな。
来年はどんな出会いがあるか楽しみですね。

投稿: oki | 2014.12.23 22:19

to okiさん
10を選ぶとき一度みている回顧展や鑑賞済みの
作品の多い展覧会ははずしますから満足度
の高かった‘大浮世絵展’、‘ラファエロ前派展’、
‘オルセー展’や‘ホドラー展’などは入ってません。

1月末から日本橋三越で公開される岡田美の琳派
コレクションは光琳の絵に注目してます。

来年の展覧会情報は元旦にまとめる予定ですが、
西洋美の‘グエルチーノ展’への期待が最も高いです。

投稿: いづつや | 2014.12.23 23:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年 感動の展覧会 ベスト10!:

» 2014年 展覧会ベスト10 [弐代目・青い日記帳 ]
午年もあと残すところ2日となりました。 「青い日記帳」を書き始めて、今年で10年を迎えることが出来た一年であると共に、様々なことにチャレンジした一年でもありました。応援して下さる皆さまあってのこととあらためて感謝申し上げます。 さて、昨年同様公私ともに何かと身の回りが慌ただしく、中々思うように展覧会に足を運ぶことの出来ない一年ではありましたが、やはり展覧会総括として「2014年 展覧会ベスト10」書きまとめておきませんと、新しい年を迎えられません。 葛飾北斎 同様にブログにま... [続きを読む]

受信: 2014.12.31 11:39

» 2014年 私が観た展覧会 ベスト10 [はろるど]
年末恒例、独断と偏見による私的ベスト企画です。今年私が観た展覧会のベスト10をあげてみました。 2014年 私が観た展覧会 ベスト10 1.「ジャン・フォートリエ展」 東京ステーションギャラリー 前々から惹かれていたフォートリエの回顧展にようやく接することが出...... [続きを読む]

受信: 2014.12.31 13:29

« 2014年 新発見!画家の作品に影響を与えたもの | トップページ | ホイッスラー展のビッグなオマケ! »