« 2014年 感動の展覧会 ベスト10! | トップページ | メリークリスマス! »

2014.12.23

ホイッスラー展のビッグなオマケ!

Img_0003  ホイッスラーの‘ノクターン:ソレント’(1866年 ギルクリース美)

Img_0004     ‘ノクターン:青と金色’と歌川広重の‘京橋竹がし’

Img_0001      歌川広重の‘牡丹に孔雀’(1834年 ロンドン V&A博)    

Img  ‘青と金色のハーモニー:ピーコックルーム’(1877年 フリーア美)

現在、横浜美で開催中の‘ホイッスラー展’は来年の3/1まで3か月間のロングラン興行。展示されている肖像画、風景画は予想を大きく上回る豪華なラインナップ。だから、もう一度出かけるかもしれない。

風景画‘ノクターン:ソレント’は‘バルパライソ’や‘ノクターン:青と金色’同様心にとても響いた作品、これほど静寂さを感じる海の光景はほかに体験したことがない。ノクターンのイメージと絵の雰囲気がまさにぴったり合っている。とにかくホイッスラーの風景画に200%魅せられた。

今回嬉しいオマケがついていた。それはホイッスラーの作品の横に飾られていた浮世絵版画。大英博のコレクション7点とヴィクトリアアンドアルバート博のもの2点。摺りの状態がとてもいいものなので目をかっと開いてみた。

視線が釘づけになるのが広重の‘名所江戸百景 京橋竹がし’に摺られた海と空の青。こんな深い青にお目にかかれるのは日本では数点しかない。

そしてサプライズの作品が最後に展示してあった。広重の‘牡丹に孔雀’、この絵は美術本でみたことがなく興奮した。ホイッスラーのパトロンが所蔵していたもので、後にV&A博に寄贈されたという。

ホイッスラーが‘ピーコックルーム’の室内装飾に孔雀を描くときこの絵を参考にしたらしい。フリーア美は昨年訪れこの部屋にも入ったので、この話は大変興味深い。

|

« 2014年 感動の展覧会 ベスト10! | トップページ | メリークリスマス! »

コメント

おはようございます。

横浜美術館が私の家から遠いので、まだホイッスラー展に行っていませんが展覧会特別サイトを見ても、やはり必見の展覧会ですよね。来年できるだけ早い時期に行きたいと思っています!

今年もいろいろな美術作品をご紹介いただき、ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

よいお年をお迎えください!

投稿: ケンスケ | 2014.12.30 07:53

to ケンスケさん
今年西洋絵画の収穫はバルテュス、ヴァロットン、
そしてホイッスラーの3人です。最後に登場した
ホイッスラーは昨年フリーアとメトロポリタンで
存分に楽しみましたが、今年はパート2でした。

手元の画集に載っている47作品のうち10点
もでているのですからいうことなしです。肖像画
も風景画も本当にいいのが揃ってます。是非横浜へ。

よいお年をお迎え下さい。

投稿: いづつや | 2014.12.30 21:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホイッスラー展のビッグなオマケ!:

« 2014年 感動の展覧会 ベスト10! | トップページ | メリークリスマス! »