« ボッティチェリと上野で対面! | トップページ | 収穫の多いホイッスラーの風景画! »

2014.12.11

予想を上回る傑作が揃った‘ホイッスラー展’!

Img     ‘白のシンフォニー NO.3’(1867年 バーバー美)

Img_0002  ‘6つのマークのランゲ・ライゼン’(1864年 フィラデルフィア美)

Img_0004     ‘灰色のアレンジメント 自画像’(1872年 デトロイト美)

Img_0001     ‘トーマス・カーライルの肖像’(1873年 グラスゴー美)

横浜美ではじまった‘ホイッスラー展’(12/6~3/1)を早速みてきた。アメリカ人のホイッスラー(1834~1903)はイギリスで名が知れた画家なので画集に載っているいる作品の多くがテートブリテンなどイギリスにある美術館の所蔵。

その一つバーミンガム大学にあるバーバー美からすばらしい傑作がやって来た。‘白のシンフォニー NO.3’,テートブリテン蔵の‘白のシンフォニーNO.2’とともにチラシで大きく扱われているこの作品、チラシを眺めているときみたいという思いは手に団扇をもち顔が後ろの鏡に映っている‘NO.2’のほうが強かった。

ところが、隣同士に並んだ2枚をみると、心は一気に‘NO.3’のほうに傾いた。とくに視線が釘づけになるのが左にいる女性。身に着けている衣服の白いこと。この白の輝きが整った顔立ちをいっそうひきたてている。普通の肖像画とはちがい2人の女性は舞台で芝居を演じている役者がみせるようなくだけたポーズをとっている。だから、どこかゆったり気分で女性の美しさを感じることができる。Myお気に入り女性画に即登録した。

ジャポニスムの話には日本の浮世絵や美術品に心を奪われた画家やデザイナー、工芸家がたくさんでてくる。ホイッスラーもそのひとりで浮世絵や陶磁器の収集にも励んでいた。そうした日本熱が高じてホイッスラーは一人の西洋の女に着物を着せ200%ジャポニスムの香りがする作品を3点描いた。

2点はワシントンのフリーア美にある‘陶器の国の姫君’と‘金屏風’、もう1点は今回フィラデルフィアからお出ましいただいた‘紫とバラ色:6つのマークのランゲ・ライゼン’、昨年現地でもお目にかかったが、この絵が日本にやって来るのは2度目。今ではジャポニスムというと真っ先にこの絵を思い浮かべる。

男性の肖像画で大変魅了されたのは展示室に入るとすぐ出迎えてくれる‘自画像’とオルセーにある母親の肖像と同じように横向きで描いた‘トーマス・カーライルのの肖像’、画集でみて気になっていたが本物はまさに肖像画の傑作だった。

|

« ボッティチェリと上野で対面! | トップページ | 収穫の多いホイッスラーの風景画! »

コメント

やっとホイッスラー展に行ってまいりました。

ホイッスラーの画業が概観できる構成で、いい作品が揃っていますね。ただエッチングが過半数を占め、油彩画がもっと多かったら、さらによかったと思いました。それでも、これまでホイッスラーの作品をまとめて見ることがなかったので貴重な機会でした。

『白のシンフォニー NO.2』及び『NO.3』は、白のグラデーションに引き込まれました。布地の描写は、私には『NO.2』の方が質感でアピールするものがありましたが。

ホイッスラーの肖像画は、~色のアレンジメントといったタイトルがつけられていますが、数少ない色の効果を純粋に追求しているのがよくわかりました。

投稿: ケンスケ | 2015.01.16 21:53

to ケンスケさん
ホイッスラーにはいろんな顔があるのがおもしろ
いところですね。

浮世絵との関連にこれまで関心がいっていたの
ですが、耽美主義に開眼したのが今回でてきたNO.3
とNO.2です。ホイッスラーの見方が変わりました。
いい刺激をもらいました。

投稿: いづつや | 2015.01.17 01:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 予想を上回る傑作が揃った‘ホイッスラー展’!:

« ボッティチェリと上野で対面! | トップページ | 収穫の多いホイッスラーの風景画! »